『鹿踊りのはじまり』 宮沢賢治・作【ブックレビュー】方言で書かれた絵本は声に出して読むと楽しい

宮沢賢治作、
ミロコマチコ絵、という
素晴らしいタッグを組んだ絵本。

「鹿踊り」(ししおどり)というのは
東北や愛媛の宇和島に伝わる
伝統舞踊で.
それをモチーフにしたお話です。

“『鹿踊りのはじまり』 宮沢賢治・作【ブックレビュー】方言で書かれた絵本は声に出して読むと楽しい” の続きを読む

混雑した展覧会場は自分を整える絶好の環境である モネ展で考えたこと

現在は大阪に巡回中のモネ展
東京展に行きました。

日時指定予約制でしたが
予想通りの大混雑。

イライラしがちな状況ですが
こうゆう時こそ、
作品に集中すると決めて

感情をコントロールする方へ
舵をきりたいものです。

“混雑した展覧会場は自分を整える絶好の環境である モネ展で考えたこと” の続きを読む

キース・ヘリング展【森アーツセンターギャラリー】30年の時を経てヘリングの本質を考え 作品と活動を振り返る好企画

最初にヘリングの作品を見たのは
20代の頃。

あのときはキース・ヘリングという
流行りモノとして
表面しか見ていなかったと気づき、
猛省した展覧会。

ヘリングの作品は
単なる流行りモノではなく
「不変の流行りモノ」
だったのでは?と、

私なりの解釈を得られた
良い企画でした。

“キース・ヘリング展【森アーツセンターギャラリー】30年の時を経てヘリングの本質を考え 作品と活動を振り返る好企画” の続きを読む

『ことり』新宮晋作【ブックレビュー】彫刻家が描く文字のない絵本に 作品との共通性を感じる

いろいろと良いタイミングが重なり、
普段の読書に絵本も取り入れることに
しました。

実用書と違い赤線を引いたり
書き込みしたりは
必要なさそうなので、
図書館で借りることにします。

“『ことり』新宮晋作【ブックレビュー】彫刻家が描く文字のない絵本に 作品との共通性を感じる” の続きを読む

「すぐやる人」と「やれない人の習慣」【ブックレビュー】逆算思考は料理と同じ 「できていない」と思っていたことが「できていた」と気づけた秀逸な例え

ライトな作りながら、
非常に読み応えがある本。

あとがきも含めて236ページと
ボリュームは一般的なビジネス書ですが
内容が濃いと思いました。

広く浅く且つ
深掘りもしてある気がします。

“「すぐやる人」と「やれない人の習慣」【ブックレビュー】逆算思考は料理と同じ 「できていない」と思っていたことが「できていた」と気づけた秀逸な例え” の続きを読む

『なおみ』 谷川俊太郎作【ブックレビュー】幻想的な世界に引き込まれるシュールな写真絵本

絵本、深いな。。。

と、思わずうなってしまう
シュールな写真絵本。

大人になってから
絵本を読むことの楽しさと

少ない文章ながら
強烈な余韻が残ることで、

「なおみ」とは何なのだろう?と
純粋に考えることの楽しさ、

2つの楽しさを受け取りました。

“『なおみ』 谷川俊太郎作【ブックレビュー】幻想的な世界に引き込まれるシュールな写真絵本” の続きを読む

新国立劇場バレエ団 くるみ割り人形 【鑑賞レビュー】初めてのバレエ鑑賞に新国立劇場をオススメする理由も記載

人生初。

新国立劇場オペラパレスに
バレエを観に行きました。

演目はチャイコフスキーの
3大バレエ作品の一つ、
「くるみ割り人形」。

ダンサーの優雅な動き
衣装の華やかさ
舞台装置の緻密な作り、

そして、驚きと感動。

総合芸術ココにあり!を
満喫しました。

“新国立劇場バレエ団 くるみ割り人形 【鑑賞レビュー】初めてのバレエ鑑賞に新国立劇場をオススメする理由も記載” の続きを読む

紅葉が綺麗だった根津美術館で平和を感じた一日 北宋書画精華展にて

普段から外国人の多い
根津美術館ですが

今展覧会では、
中国語らしき言葉を話している方々が
多く来館していて

あーだこーだとにぎやかに
お話しされているグループを
目にしました。

異国で見る自国の書画は
かれらの目に
どのように写るのでしょう。

そんな展示室の風景をみていて
ふと感じたのは、

「美術館ってとても平和なところだな」
という感覚です。

“紅葉が綺麗だった根津美術館で平和を感じた一日 北宋書画精華展にて” の続きを読む

ビッグイシュー THE BIG ISSUE Vol467 一人の人間としての奈良美智さんの生き様を書いたインタビュー記事に惹かれる

奈良美智さんの表紙に惹かれて
初めて買いました。

路上生活者の生活支援のための冊子とのことで、
最寄駅でも販売者を見たこともあるし、
興味はありながらも、
キッカケが掴めず今に至って初購入です。

“ビッグイシュー THE BIG ISSUE Vol467 一人の人間としての奈良美智さんの生き様を書いたインタビュー記事に惹かれる” の続きを読む

ひとりシニアのお金と暮らしの基本【ブックレビュー】女性にオススメ 意外と多い老後の選択肢に気持ちが明るくなる

一般的に女性の方が長生きで
健康寿命も長いという観点から、

既婚者も独身者も、
子供がいてもいなくても、

女性は最後は独りになることが
多いだろうという前提で書かれており
女性にお薦めの本です。

“ひとりシニアのお金と暮らしの基本【ブックレビュー】女性にオススメ 意外と多い老後の選択肢に気持ちが明るくなる” の続きを読む