【津田沼ランチ】JR津田沼駅北口徒歩3分位/優しい味付けが意外だった/洋麺屋五右衛門

洋麺屋五右衛門

お花のお稽古で縁ができた津田沼。

バスの時間もあるので、1時間以内には食べ終わり、バス停に行けるよう、駅近でサクッと食べ終わるお店で、ランチです。

もくじ

  • 日曜日はランチ休業があると心得る
  • 安定のチェーン店
  • ハーフ&ハーフを食べてみた。
  • 店舗情報

日曜日はランチ休業があると心得る

お稽古は土曜日が多いのですが、今回は日曜日。

調べて行ったお店のサイトに、特に店休日の記載が見当たらなく、とりあえず行ってみることにしました。

周辺の店舗は、夜の営業がメインのような界隈で、行ってみると案の定「Closed」の札がかかっています。

場所にもよりますが、夜の営業がメインの店舗は、週末のランチ営業はお休みするところもありますね。

機会を見て土曜日に、再チャレンジです。

安定のチェーン店

今回伺った洋麺屋五右衛門

このようなチェーン店は、店休日や時間を気にせず、しかも味やメニューに、大きなハズレがないのがいいところ。

休日で出足が遅いのか、12:00前の店内は空いていて、注文も配膳もスムーズでした。

ハーフ&ハーフを食べてみた。

メニュー

  • スープ
  • 和風パスタ(たらこと釜揚げしらすと湯葉の京風だし仕立て)
  • 洋風パスタ(なすとモツツァレラチーズのミートソース)

洋麺屋五右衛門

まず、2種類とも味付けが思っていたよりも薄めなところがよかったです。

和風を先に食べないと、ミートソース味の方が口の中で勝ってしまうため、別々に食べたのも正解でした。

和風の方は、具材が色々と入っていましたが、シラスはもっと量が欲しかった!

タラコは全体の味を締めるいい存在。

湯葉はちょっぴりでしたが、美味しかったです。

洋麺屋五右衛門

ミートソースは、ひき肉が粗挽きなのか、しっかり入っていて満足。

途中タバスコで味の調整をしながら、最後まで美味しく頂きました。

洋麺屋五右衛門

スープはお出汁の効いた和風のスープ。

長ネギの入ったシンプルなものです。

こうゆうの少しでもあると、口直しになるので嬉しいですね。

洋麺屋五右衛門

五右衛門と言えば、お箸でパスタを食べるスタイルですが、パスタはフォークで食べる方に軍配が上がりますね。

お箸ですと、冷めるに従って、麺同士がくっついて食べにくく、自分が食べたい適量がつかめないのが、ストレスです。

フォークだとクルクルと、適量を巻けるので便利なのですよね。

お会計は
税込¥1,400位でした。
価格は2020年1月現在です。

店舗情報

洋麺屋五右衛門・津田沼店
千葉県習志野市津田沼1-2-19つるやビル2F
JR津田沼駅北口より徒歩3分
電話:047-493-7673
営業時間:11:30-22:00
無休

関連ランキング:パスタ | 津田沼駅新津田沼駅京成津田沼駅

今度伺った時にはフォークがあるか、聞いてみよう。

「湘南幻想美術館」(太田治子著)を読んで/県内有数の美術館から集まった絵画が、普段と違う顔を見せる一冊。

湘南幻想美術館_大田治子著

少し前にこの本のことを知り、気になっていた本。

著書の太田治子さんを調べていたら、驚くべき出生を知りました。

“「湘南幻想美術館」(太田治子著)を読んで/県内有数の美術館から集まった絵画が、普段と違う顔を見せる一冊。” の続きを読む

【いけばな】2020年1月分のいけかえ

バンダ蘭が少し傷んできたので、水揚げがてらいけかえました。

“【いけばな】2020年1月分のいけかえ” の続きを読む

【東京・浅草橋】キッチンスタジオKitchenBeeで黒豆味噌作り/初心者でも簡単、楽しく作れて、調味料を手作りする良さを知る。

キッチンスタジオ_KitchenBee

参加のきっかけは、ブログ関連のコミュニティの方が作っていた黒豆味噌。

写真を投稿されていて、そのお味噌が赤味噌のような色で、とっても美味しそうだったのです!

“【東京・浅草橋】キッチンスタジオKitchenBeeで黒豆味噌作り/初心者でも簡単、楽しく作れて、調味料を手作りする良さを知る。” の続きを読む

アーティゾン美術館/前田青邨「獅子図」存在感のある作品

2020年1月18日のオープニングに訪れた、アーティゾン美術館

館内は撮影可能なので、展示品もたくさん撮りました!
“アーティゾン美術館/前田青邨「獅子図」存在感のある作品” の続きを読む

【映画鑑賞】「男はつらいよ50 お帰り寅さん」(ネタバレあり)/寅さんとの思い出を通じて吉岡秀隆さん演じる満男くんが、中年世代を見事に演じきる、共感しっぱなしの名作。

男はつらいよ50_おかえり寅さん

「男はつらいよ50 お帰り寅さん」
観てきました!

シリーズ最終章、と謳ってはいませんが、一つの時代と寅さんシリーズの歴史に、区切りをつける作品でしょう。
“【映画鑑賞】「男はつらいよ50 お帰り寅さん」(ネタバレあり)/寅さんとの思い出を通じて吉岡秀隆さん演じる満男くんが、中年世代を見事に演じきる、共感しっぱなしの名作。” の続きを読む

祝・開館/アーティゾン美術館(東京都中央区京橋)/オープン当日の様子をレポート

アーティゾン美術館

2020年1月18日土曜日、午前10:00。

東京都中央区京橋に新たな美術館が誕生しました。

その名は「アーティゾン美術館」。

まず今回は写真を中心に、館内の様子をレポートしましょう。

“祝・開館/アーティゾン美術館(東京都中央区京橋)/オープン当日の様子をレポート” の続きを読む

ここ、どこの美術館だ?

鎌倉文華館鶴岡ミュージアム_ピロティ

ここ、どこの美術館だ?

ヒント:
神奈川県鎌倉市にある
美術館・博物館的な施設です。

“ここ、どこの美術館だ?” の続きを読む

「絵を見る技術」(秋田麻早子著)を読んで/読んだらすぐに美術館に行きたくなる一冊。

絵を見る技術_秋田麻早子著

タイトル通り、絵の構造を読み解くための、さまざまなスキーム(体系・枠組み)を教えてくれる本。

読み終わると本から得たにわか知識を、美術館の絵で確認したくて、うずうずしますよ。

“「絵を見る技術」(秋田麻早子著)を読んで/読んだらすぐに美術館に行きたくなる一冊。” の続きを読む