2020年1月・いけばなお稽古 

伝統的なお正月の花材と打って変わって、個性的な洋花が届いた1月のお稽古です。

今月の花材

  • サンゴミズキ(黄金ミズキ)
  • バラ(セクシーローズ)
  • バンダ蘭(ディープスポット)
  • フィロパープルコンゴ

帰宅して、夜にいけました。

いけばな

全体的に妖艶な雰囲気がただよう花材。

あえて仄暗いままでの撮影です。

サンゴミズキ(黄金ミズキ)

これはサンゴミズキ。通常はモミジの紅葉のような赤色をしているのですが、これは種類が違うのか、黄金ミズキというもの。黄味がかった色で私は初めて扱う花材です。

いけばな

セクシーローズというバラ。艶やかです。帰宅した時にはグッタリしていたのに、水揚げ後、夜になったら生き生きしてきました。

バンダ蘭

今回の花材で一番妖艶なのがこの蘭。ディープスポットというバンダ蘭です。ぽってりと量感のあるいでたち。

フィロパープルコンゴ

バラや蘭とよく馴染む色をした葉は、フィロパープルコンゴ。照明でツヤツヤ感が際立ってます。

先生宅の床の間で。

いけばな

黒い取っ手のある花器を縦に置いていけています。花器はどの向きで使うかによって、使い勝手も変わるし、見栄えも変わってきますね。

お軸は「松寿千年翠」(しょうじゅせんねんのみどり)

これも禅語なんですって!

松が風雪に耐え千歳の翠を保つが如く、私達もあふれる活力と正しい信念をもって人生を生きぬきたいものです。(黄檗宗少林山達磨寺HPより)ということを言っているそうです。

詳しくは達磨寺のHPを御覧ください。