最後は路面電車とガラス作品の鑑賞で締めた、富山の旅。

美術館チケット

予定をこなし、駅弁も買ったし、後は荷物を受け取って新幹線で帰るだけ。

しかし1時間以上も時間があり、これはもう一つ何かできるなと駅前広場のベンチで考えていると「環状線」と書かれた路面電車が行き来している!

“最後は路面電車とガラス作品の鑑賞で締めた、富山の旅。” の続きを読む

〜美術館と街めぐり〜 富山市(駅南側の城下町編)

美術館チケット

今回は富山県美術館での講演会に行くのがメインの旅行。
とはいえ、富山に来るのは初めてですので一日目は市内の美術館を堪能しました。
富山駅を挟んで、北側・南側と美術館が散らばっているので、まずは南側、富山城址のある城下町側の美術館です。

“〜美術館と街めぐり〜 富山市(駅南側の城下町編)” の続きを読む

花つき、枝ぶり、立派な桃が手に入りました。

美術館チケット

前回のお花をいけかえ。
雪柳と桃を交換しました。

“花つき、枝ぶり、立派な桃が手に入りました。” の続きを読む

ここが気になる!富山市。街歩きでイロイロ気になったこと6選。

美術館チケット

初めて来た富山。美術館巡りはまた別のところでまとめるとして、まずは一日街を歩いて、目についたことイロイロをしたためたいと思います。

“ここが気になる!富山市。街歩きでイロイロ気になったこと6選。” の続きを読む

【一期一絵 NO.1】オディロン・ルドンの「心に浮かぶ蝶」

美術館チケット

今週は気温が上がり、昼間は春らしくなってきましたね。
そこで選んだのがオディロン・ルドン「心に浮かぶ蝶」(1910−1912)。

蝶は私の中で春のイメージなのです。

“【一期一絵 NO.1】オディロン・ルドンの「心に浮かぶ蝶」” の続きを読む

コレクターとは、「コレクション」という作品を創り出す審美眼を持つアーティストだ。

美術館チケット

コレクターの名を冠した展覧会が毎年どこかの美術館で開催されます。

世界中に美術品のコレクターは一体何人くらいいるのでしょうね。

“コレクターとは、「コレクション」という作品を創り出す審美眼を持つアーティストだ。” の続きを読む

このタイミングで?!くら寿司の「炙りのどぐろ」を食べてきた。

美術館チケット

新聞の折込チラシでくら寿司の「かにとのどぐろフェア」を目にして、「炙りのどぐろ」がたまらなく食べたくなった私。

せっかく行くならとお寿司が好きな両親を誘うと、母から猛反撃!

“このタイミングで?!くら寿司の「炙りのどぐろ」を食べてきた。” の続きを読む

〜つながりで観る展覧会〜二つの「民藝」展

美術館チケット

2/24(日)まで都内2つの美術館で開催中の「民藝」をテーマにした展覧会。同じテーマなので2つの展覧会の「はしご」をオススメします。

“〜つながりで観る展覧会〜二つの「民藝」展” の続きを読む

通りすがりの彫刻〜東京ミッドタウンにあるBloom(ブルーム)

美術館チケット

Bloom(ブルーム)2006年
シラゼー・ハウシャリー&ピップ・ホーン
アルミニウム・ステンレス

“通りすがりの彫刻〜東京ミッドタウンにあるBloom(ブルーム)” の続きを読む

横浜美術館の講座で、入れ物としての美術館を考えた。

美術館チケット

・講座を開催した背景
・私が講座に申込んだ理由と今回の収穫
・美術館という箱はオルタナティブな劇場になりうるか?
・まとめ〜聴講して思ったこと

“横浜美術館の講座で、入れ物としての美術館を考えた。” の続きを読む