最後は路面電車とガラス作品の鑑賞で締めた、富山の旅。

予定をこなし、駅弁も買ったし、後は荷物を受け取って新幹線で帰るだけ。

しかし1時間以上も時間があり、これはもう一つ何かできるなと駅前広場のベンチで考えていると「環状線」と書かれた路面電車が行き来している!

富山市の路面電車_環状線

環状ってことはクルッと回ってまた駅に戻ってくるよね?

車掌さんに聞くと30分くらいでまた富山駅に戻ってくるとのことなので即乗り込むことに。

こうして最後に路面電車に乗ることができました!

ちょうど前日に歩いてまわった城下町のエリアを走る路線でしたので、その時には目に入らなかったお店や建物、景色を楽しめて満足。

しかも、車窓からホテルのロビーにガラス作品の展示があるのを見つけ、降りた後に見に行くこともできちゃいました。

富山エクセルホテル東急_ロギーギャラリー

最後の最後まで有意義でしたね〜。

富山市内にはいろいろな路面電車があり、呼び方も路面電車、ライトレールとあったり、行き先路線別にセントラム、ポートラムなどの名前がついていて、旅行者には少々複雑。

ですが、暑い夏や積雪がある時期などはちょっとした移動に使えて便利だろうなと思いました。

運賃は1回¥200(2019.2.24現在)。

環状線は旅行者が街を把握するために最初に乗るのもオススメです。

富山市の路面電車_環状線