【千葉県市川市 ランチ】8代葵カフェ 東山魁夷記念館 コク旨オムライス他 安心の定番メニューがいただける美術館の一角にあるカフェ

こじんまりとした規模の美術館に合った、

静かで落ち着けるカフェです。

もくじ

  • コク旨オムライスとケーキセットを頂きました
  • 店舗情報
  • 8代葵カフェとは

コク旨オムライスとケーキセットを頂きました

鑑賞前にランチをしたく伺いましたが、満席。

15分ほど待ってから席に案内されました。

コロナウィルス感染拡大防止で席数を減らしていることと、

周辺に飲食店がなさそうなので、

お昼時は繁盛しているようです。

混雑していたせいか、20分くらい待って「コク旨オムライス」が到着。

小さなカップに入った野菜スープも付いています。

半熟の卵焼きの周囲とてっぺんに、ケチャップがたっぷりかけてあります。

一口食べると、半熟卵焼きのコク、ケチャップのコクが強い。

中のご飯は薄味のピラフのようです。

「コク旨」の卵焼きとケチャップに、薄味のピラフ、ちょうどよい味加減で美味しい。

ボイルした粗挽きソーセージも美味しかったですよ。

パセリもしっかりいただきました。

野菜スープもそうですが、ちょっとした口直しになるので嬉しいですね。

お腹に余裕があったので、デザートにケーキセットも注文。

和三盆ロールとブレンドコーヒーです。

カップはこちらのカフェ限定、東山魁夷の「道」がデザインされたもの。

食器の縁取りに使われた青緑色も、東山魁夷らしくていいですね。

和三盆ロールはスポンジ部分が多くてクリームは控えめ。

和三盆の香ばしさが美味しいスポンジでした。

コク旨オムライス+ケーキセット
税込¥1,738
(2020年11月現在)

店舗情報

8代葵カフェ東山魁夷記念館
千葉県市川市中山1−16−2
電話:047−335−7800
営業時間:10:30〜16:00(当面の間)

詳しいメニューはコチラをどうぞ。

8代葵カフェとは

茨城県に本社のある株式会社坂東太郎が運営するカフェチェーン。

茨城県を中心に店舗があるようで、一都六県の中で、東京都と神奈川県以外で展開しているようです。

メニューを見る限りは、コメダ珈琲やさかい珈琲、星乃珈琲店などと似た系統のお店とお見受けします。

社名の坂東太郎は社長のお名前かと思いきや、まったく別の方。

そして葵カフェの由来や初代とか3代ではなく、なぜ8代なのかといった疑問があるのですが、

会社概要や沿革を見ても載っていません。

会社の名前も面白いので、そのあたりのエピソードが楽しみだったのですが、残念。

取り立ててアピールするほどのことではないのでしょう。

疑問は自分の心にしまっておくことにします。。。