2020年始めて良かったこと3つ【2020年振返り】コロナに始まりコロナに終わるような1年

コロナウィルスに始まり、コロナウィルスに終わるような1年。

「始めた」というよりも、「始めざるを得なかった」というものもアリ。

もくじ

  • ジョギングを始めたこと
  • お味噌を手作りしたこと
  • 在宅勤務を始めたこと
  • 「振返り」を振返る

ジョギングを始めたこと

3月あたりから通っていたジムが休館になってしまい、運動不足解消に始めたジョギング。

室内のマシンで走るのと違って、外を走るのは私にとって負荷が多いとつくづく実感。

風が吹いたり、道がでこぼこだったり、日差しが眩しかったり、暑かったり、寒かったり、雨が降ってきたり。

もう上げればきりがないほど。

地に足をつけ、しっかり蹴らないと前に進まないんだ、という当たり前の基本動作を確認することにもなりました。

最初はウォーキングから始めて9ヶ月。

やっとジムで走っていた頃と同じ8kmくらいは走れるようになりました。

もうジムは通常営業に戻っているのですが、すっかり自発的にできるようになったジョギングで、運動量は確保しようと思っています。

お味噌を手作りしたこと

ブログ講座経由で知ることになった「うめちゃんの発酵教室」。

こちらで「黒豆味噌」を仕込みました。

仕込んだのが2020年1月、10ヶ月の熟成をへて先日出来上がりました。

10ヶ月という期間に発酵を見守り、混ぜたり、様子を見たりとお世話をした後に出来上がり、非常に愛着が湧いています。

作ろうと思ったきっかけは好奇心からで、

味噌はスーパーでしか買ったことがない私にとって、手作りできること自体が、とてもウキウキワクワクしたのです。

健康にいいとか、美味しいというのはもちろんですが、それは結果としてついてきたこと。

10ヶ月という出来上がりまでの時間を通して、自分の手で生活を作るということの、喜びや豊かさをしみじみ感じられたことが何よりの体験でした。

在宅勤務を始めたこと

これは完全に「始めざるを得なかった」ことですが、なかなか進まない業務の効率化や働き方改革を、一気に推し進めました。

定期的に行われる上司との面談でも

「自分が社会人のうちに、こんな自由な働き方ができるようになるとは思わなかった」

と何度も口にしました。

それが一番感じていることなのです。

在宅したり、出社したりで数ヶ月。

業務によっては向き不向きのあることが分かったり、コミュニケーションの場も兼ねた新たなミーティングが立ち上がったりと、働き方はまだ変化の途上です。

不意に始まった在宅という働き方ですが、良い機会と捉えて、活用していきたいですね。

「振返り」を振返る

コロナ禍での生活様式の変化は、今までやろうと思っていたことや、手をつけなくてはいけない課題など

「先延ばし」

にしていたことが、あらわになったと感じています。

始めて良かったこと3つも、一見のんびりとした日常の一場面に見えますが、

こんな自分で在りたい、こんな風に生きたいと、

思っていたけど忘れていた

ことに、何かつながっている気がしています。