【出雲大社 ランチ】出雲そば田中屋 そば湯好きにはたまらない一杯 そば湯に浸かった出雲そばに汁を注いで食すスタイル

出雲に行ったからには、はずせない出雲そば。

そば湯好きにはたまらないメニューに出会いました。

オンラインストアで年越しそばを買うのもいいかも。

もくじ

  • 「釜揚げゆばそば」を食べてみた
  • 店舗情報
  • 時代とともに変化した結果のおしゃれなお店

「釜揚げゆばそば」を食べてみた

では早速、お蕎麦のご紹介。

来ました来ました。

湯気の上がったあつあつの釜揚げゆばそば。

そば湯に浸かっていますよ〜。

汁の味加減を自分で調節できるので、そば湯も全部飲めました。

薬味も綺麗です。

ネギも乾いてないし。鰹節があるのは珍しいような。

ゆずの皮はこんなちょっとなのに、最後まで爽やかな香りを放っていました。

出雲そばとは、蕎麦の実と甘皮まで挽いた「挽きぐるみ」という粉を使うのが特徴。

色や食感は取り立てて変わったところはありませんが、味がいいですね。

蕎麦の野性味が感じられると言いましょうか、味わい深いです。

最初は汁を入れずに、蕎麦とそば湯だけ頂いていたので、蕎麦そのものをストレートに味わうことができました。

湯葉も厚みがあり、トロリと濃厚。

蕎麦の量も思っていたよりも多いので、見かけよりもお腹が満足の一品です。

釜揚げゆばそば
税抜¥1,180(¥1,298)
(2020年11月現在)

私がいただいた釜揚げゆばそば。

ホームページのメニューには掲載されていないので、どうやら季節限定メニューのようです。

そして、土曜日のお昼12:00前に伺ったのですが、混雑日だったようで(40分ほど並びました)、メニューを限定しての営業でした。

天ぷらやお汁粉、丼ものなどは頼めない日。

注文できるメニューが限定されることもあるようなのでご了承ください。

店舗情報

出雲そば 田中屋
出雲市大社町杵築東364
電話:0853−53−2351
営業時間:11:00〜16:00(蕎麦が無くなり次第終了)

詳しいメニューはコチラをどうぞ。

田中屋さんオンラインストアはこちら
年越しそばにいいかも。

時代とともに変化した結果のおしゃれなお店

写真はショップカードを兼ねた栞。

3種類あり、好きなものをご自由にどうぞ、とレジ横においてありました。

そばの実の見せ方や写真の撮り方、麻ひもなどが一体となり、センスある栞だと思わず手に取りました。

元は駄菓子屋さんから始まったという田中屋さん。

先代から引き継ぎ、現在は2代目で、

お店をリニューアルしたり、

「soba bien!」というブランドを作り、

蕎麦を楽しんでもらうための商品をプロデュースされています。

お蕎麦屋さんには違いないけれど、ここでコーヒーとケーキがでてきても違和感のない、カフェのような店内。

落ち着いてお蕎麦が堪能できる、おすすめのお店です。

次回はこちらも行ってみたい、出雲そば屋さん「献上そば 羽根屋」ついては、こちらの記事がおすすめ。

神在月の出雲大社での神頼みは清々しい空気に包まれていました。先ずは、出雲そばから