【静岡県三島市 】街中を流れる美しい水と鰻、そして美術館に涼を感じに行こう。

もくじ

  • 鰻の桜屋
  • 美しい富士山の伏流水
  • 佐野美術館

鰻の桜屋

土用の丑の日、だけでなく、夏の風物詩と言ってもいい鰻。

昨年だったでしょうか、教えていただいた三島の桜屋という鰻屋さん

1年中店の外には待つ人で溢れている人気店ですが、その人気も納得の美味しさです。

三島_うなぎの桜屋

私が一番感動したのはタレ。

うなぎの味を消さず、タレ自身の存在も消さない、絶妙な存在感。

醤油が効いた、甘さ控えめのタレ。

最後まで飽きずに食べられるのもこの秀逸なタレのお陰でしょう。

混雑しているのですが、予約システムが整っているので、事前に予約すれば15~20分位の待ち時間で、入店することができます。

店内はとても広いので、中に入ると静かで、隣の席との感覚もほどよく空いています。

広間で人がいるにもかかわらず、落ち着く感じ。

鰻の美味しさプラス、お店の予約システムや雰囲気の良さも、私にとっては重要なリピート理由です。

三島_富士山の伏流水

美しい富士山の伏流水

三島と言えば、富士山の伏流水で綺麗な水が、街なかの至るところに流れていることで有名。

鰻が名物なのも、この伏流水で〆るため、美味しくなるということなのです。

本当に綺麗な水。

見ているだけで涼やかです。

佐野美術館

そんな美しい水の街、三島にある佐野美術館
は、金魚に救われたアーティスト、深堀隆介さんの展覧会が開催中。

平成しんちう屋~行商編~です。

作家活動に迷っていたときに、救いの道を見出してくれたのが、部屋で飼っていた金魚。

そこで金魚に救われたアーティストを唄っています。

アクリルの水を泳ぐ、本物と見まごうような金魚たち。

写真は昨夏、平塚市美術館で開催された時に撮影した、深堀隆介さんの展覧会のもの。

イメージとしてご覧ください。

深堀隆介_平成しんちう屋

美しい水、鰻、美術館と三拍子そろった三島に、この夏、涼を感じに行ってみましょう。