【いけばな】2020年3月のいけ替え(2パターン)

思いがけず、お花をたくさん頂く機会があったので、前回のいけばなと組み合わせをして、2パターンのいけ直しをしました。

今回の花材

職場の入社式で会議室に飾られたお花を下ろすので、まだ傷んでいないお花を分けていただきました。

「せっかくだから、お花が好きな人に貰っていただこうと思って」と声をかけてくれた方に感謝!

蘭やバラなど、立派なお花ばかりです。

花材は名前の分からないものが多いので、なんとなくの表記で。

ガラスの花器(バラのブーケ風)

  • バラ2種
  • スターチス(前回の花材)

黄土色の花器(いけばな)

  • ビバーナム
  • 蘭(黄緑)
  • 蘭(ピンク)
  • チューリップ(前回の花材)
  • ドラセナのような葉(前回の花材)

【バラのブーケ風】

クラシカルというか、ロマンチックというか、優雅すぎて、我が家のどこに置いても違和感満載という、ちょっと笑えることになってます。

いけばな

いけばな
花びらの外側が濃い赤、内側に向かってのグラデーションに品がありますね。

いけばな
大きい!

いけばな
スターチスとの色合いも馴染むので、よかったです。

【いけばな】

いけばな
花の量がすごいです。色合いが明るくて好き。

いけばな
ビバーナム。昨夜はぐったりしていたのですが、少し水揚げして元気になりました。

いけばな
蘭。茎が太く、花も鈴なりで、1本ですが重さと存在感があります。

いけばな
これも蘭。同系色にスパイスを効かせる色ですね。

【おまけ】

いけばな

前回の桜。下げるのに細かく切っていると、ハラハラと花びらが落ちました。1枚1枚は小さいけれど、色が濃くて、切込みが深く、絵に書いたような桜の花びら。最後まで私の眼をたのしませてくれます。

宜しければ、3月いけ替え前のお花も、御覧ください。