日比谷図書文化館 美術館ではないけれど 小村雪岱の企画展が開催中 2021.3.28日まで

三井記念美術館にて2021.4.18日まで開催中の「小村雪岱スタイル」展。

もう一つの小村雪岱展が、日比谷図書文化館で開催しています。

できれば同じ日に2つの展覧会をハシゴして欲しい、その理由を書きました。

もくじ

  • 小村雪岱展とは
  • 三井記念美術館と日比谷図書文化館の展示を比較
  • 2展を合わせて見ることで得られること
  • 日比谷図書文化館について

小村雪岱展とは

大正から昭和初期に活躍した、

日本画家・装幀家・版画家・挿絵画家・舞台装置作家と、

さまざまな顔を持つ小村雪岱の、仕事・作品・人生を紹介する展覧会です。

  • プロフィール

小村雪岱(こむら・せったい)
1887年 埼玉県川越市生まれ
1940年 東京にて没(享年53歳)

詳細はウィキペディアもどうぞ。

大正から昭和初期に活躍。

東京美術学校(現在の東京藝術大学)の日本画科を卒業し、

日本画家でありながら、本の装幀、挿絵、舞台装置やデザイン

などの仕事のほうがメインともいえる人物。

日本画家の鏑木清方との親交もあり、装幀や挿絵の仕事ばかりしている小村雪岱に対し、

「オリジナルの作品も描かなければ」と言われ、ニヤリと笑ってかわした、

というようなエピソードを展示室のキャプションで読みました。

何を思って日本画よりも、装幀や挿絵、デザインの世界に身を置いていたのか、興味深いところです。

三井記念美術館と日比谷図書文化館の展示を比較

私が感じた特徴を3つずつ上げてみましょう。

日比谷図書文化館

  • 図書館らしく、本の装幀、挿絵の仕事に焦点を当てている
  • 小村雪岱が交流した人物たちについて知ることが出来る
  • 本が資料でもあり、作品でもあるという役割を見ることができる

三井記念美術館

  • 美術館らしく絵画、特に肉筆画が非常に充実している。
  • 小村雪岱の仕事が現代も含めた後世にあたえた影響が分かる
  • 舞台装置なども手掛けたという、多彩な活動が分かる

2展を合わせて見ることで得られること

それは、小村雪岱のすべての仕事が、俯瞰できることです。

美術館・図書館と、それぞれの役割を活かした内容の展示になっていますので、

別の言い方をすれば、

一方の展示で手薄になっているところを、もう一方が補完しているように思えます。

特に美術館側の企画展は、小村雪岱の肉筆画が多くあることに驚きます。

画家としての仕事もしてるじゃない!

ちゃんと絵も描いているじゃない!

挿絵にもそのテイストが活かされているのが分かるよ!

と純粋に、そんな驚きを以て展示室をまわっていました。

日本画家、作家としての一面をきっちりと出しているところに、共感がもてる展示です。

そして美術館でも展示はあるものの、本の装幀、挿絵に関しては、

図書館側の企画展は質・量ともにさすがです。

こちらは小村雪岱の研究家・真田幸治さん監修で、

新聞の切り抜きまで、資料としてあるのがすごいですね。

小村雪岱が関わった新聞小説の挿絵や、雑誌のレイアウトなどを見るのですが、

それ意外の新聞記事も歴史を感じるもので、思わず目がいってしまいました。

日比谷図書文化館について

日比谷図書文化館

東京都千代田区日比谷公園1-4

03-3502-3340(代表)
03-3502-3343(図書総合カウンター)

月曜日〜金曜日 午前10時〜 午後8時
土曜日 午前10時〜午後7時
日曜日・祝日 午前10時〜午後5時

【アクセス】
東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」
B2出口より徒歩約3分

都営地下鉄 三田線「内幸町駅」
A7出口より徒歩約3分

東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」
C4出口より徒歩約3分

JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分

駐車場・駐輪場はございません。公共交通機関をご利用下さい。

館内のレストランで食べた「まい泉」のかつ膳の記事も、どうぞ。

日比谷ランチ 日比谷図書文化館 地下1階 東京都千代田区 日比谷公園 思わぬところで「まい泉」のかつ膳が食べられる歓び