納得の美術館ツアーに出会えました〜ツアーならではの魅力とは〜

3つの趣が異なる美術館に行きました。

普段は個人で計画をたてて美術館巡りをしていますが
今回は日帰り美術館ツアーに参加したのです。

毎日新聞旅行・まいたびの「いつかは訪ねたいユニーク美術館」というツアーで講師は、こしのきよみさん。

美術鑑賞会を主宰、アートツアー講師でカルチャースクールでのセミナーなども実施されている方です。

今年からはアートマガジン「パレット」の編集長としてもご活躍で、私は「パレット」を通じてこしのさんを知りました。

今回訪ねた美術館は下記の3館。

町田市立国際版画美術館
岡本太郎美術館
世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

うち2館は個人で何度も行っている美術館で、1館は初めて行くところ。

ツアーに参加しなくとも行けるところばかりですが、こしのさんにお会いしてみたかったのと、ツアーってどんな感じなのだろうという好奇心から行ってみたのです。

参加してみて感じたツアーならではの魅力とは

・お膳立てしてくれるので鑑賞に集中できること
・行きにくい場所でも効率よく回れること
・主催者の企画力如何でプラスαのお得感があること

一つずつ、みていきましょう。

長谷川潔展_町田市立国際版画美術館

・お膳立てしてくれるので鑑賞に集中できること

上げ膳据え膳よろしく、移動や食事などがすべてセットになっていますので、ものすごく鑑賞に集中できる贅沢な時間が持てることを実感しました。
移動中のバスの中でPCを開いて、見てきた展覧会の感想や気づいたことなどアウトプットがすぐにできるのも私にとっては良かったです。

あとは移動中には次に行く美術館の説明をして頂くので、無駄な時間が一切なしといった感じ。

人によっては少し詰め込みすぎな印象を持つかもしれませんが、美術館好きな人ならば気にならない、むしろこのくらい1日美術館にどっぷり浸れることに喜びを感じるでしょう。

川崎市岡本太郎美術館
・行きにくい場所でも効率よく回れること

今回は自分でも行ける場所ばかりでしたが、こしのさんがツアー講師をつとめる地方や海外の美術館ツアーではこれが発揮されると思います。

そもそも地方の美術館というのは、都心近郊のようにアクセスが良いところばかりではありません。車で行くとしても個人で計画するよりも効率の良さは上回るでしょう。

気に入ったところを長く見たいという時間の自由さは期待できないのでここは何を優先させるか考えどころですね。

5月に催行予定の下記ツアーなどはとても惹かれる内容です。土地勘の無い地域でこれだけの内容を個人で組むのはかなりのリサーチが必要ですからね。

いつかは訪ねたいユニーク美術館
「長谷川等伯生誕の地・七尾で鑑賞する特別展と能登の美を訪ねる」

向井潤吉アトリエ館
・主催者の企画力如何でプラスαのお得感があること

これはツアーに参加したくなるかどうかの大きなポイントで、2つありました、

ひとつは、ひたすら1日中美術館を見て回るという企画。美術館ツアーというのは他の旅行会社でもそれなりに企画があったり、美術館自体が会員向けに企画していたりすることがあるのですが、お土産物屋さんに寄ったり、観光地に行ったりと、企画側はバラエティに富んで良かれと思って入れているのでしょうが、美術館好きにとっては美術館に連れて行って欲しいのであって、観光地や旅行会社と提携している土産物屋さんに寄る時間があるなら、もう一つ美術館に連れて行って欲しいというのが本音かと思います。これは実際美術館好き仲間で話をしていたときに盛り上がった話題で、私も激しく同感です。

2つ目はツアー講師のこしのきよみさん。

添乗員とは別に「ツアー講師」としてバスの中で行く美術館についての解説をしていただきました。

展覧会のこと、作家のこと、限られた時間で展示室を効率よく回るコツなど。中でもこしのさんの例えが面白かったですね。町田市立国際版画美術館で開催中の長谷川潔展については、長谷川潔に興味を持つきっかけとなった作品の紹介。岡本太郎美術館については、岡本太郎はいつもいっしょにいると大変だけど、刺激をくれたり、喝をいれたりして励ましてくれるボーイフレンド、向井潤吉は和やかで安心できる人、と、こしのさん独特の作家に対する見方も魅力でした。

梅の花・ランチ
プラスαのお得感といえば、もう一つ。
ランチは梅の花でいただいたのですが、30人以上の団体で行きましたので、てっきりお弁当形式かと思いきや、一品ずつ配膳されたので感激。事前に行くお店が分かっていて、そこの味を知ってるというのも安定感があっていいものです。桜が描かれた暖簾も含めて、たけのこご飯など季節感のある食事をいただきました。

そこでお隣になった方とお昼は歓談。なんと越後妻有の大地の芸術祭が開催される新潟県十日町地域のご出身の方で、昨年行ったので土地のことや芸術祭の話がはずみました。こしのさんの泊りがけのアートツアーにも参加されたことがある方で、お話を伺っていて今回の日帰りツアーも含めて、とても良い内容のツアーだなと思ったのです。純粋に美術館に行きまくり、お土産物屋さんや観光地が無駄に入らない企画。食事の内容も良いようで、上質なツアーなのだと感じました。

今はまだ自分で運転もして遠方の地域にも行くことができるし、自由きままに自分なりの美術館巡りをしたいという考えもありますが、ツアーならではの魅力というのもあるのだと今回は勉強になりました!