いけ替え 如月のいけばな 2021.2月

ラナンキュラスを菜の花に替えて、いけ替えしました。

今回の花材

  • 菜の花
  • モンステラ

ラナンキュラスが1週間で、首が折れました・・・。

頭の大きな花なので、ある日カクっと折れるんですよね。

このクタリ方はガーベラと似ているかも。

頭でっかちな花にはありがちです。

そんな訳で、代わりに菜の花を買ってきて、いけ替えました。

桃と菜の花というこの時期基本の組み合わせ、ありふれたベタな感じにならないのは、個性派モンステラのおかげです。

桃の花がだいぶ咲きました。花桃という観賞用の桃なので、可愛らしい花ですね。果物の桃の花はこれから咲く時期だと思いますが、もっと大きくて、怖い感じのする花だったと記憶しています。

菜の花。小さな花が鈴なりです。よく見るとシンプルな花ですね。

菜の花とモンステラ。

そして数日後2回目のいけ替え。モンステラだけになっちゃいました!

上っ面の暖かさではなく、土の中からポカポカしている自然の摂理の「春」が来てるのでしょう。植物はそいういう変化に敏感です。菜の花も満開になり、伸びに伸びて散り、桃も散り、新芽が出ていました。

しばらくはモンステラを堪能しましょう。

■□■□■□■

1回目の如月のいけばなも、宜しければご覧ください。

如月のいけばな 2021年2月