小豆島麺匠・甚助のパスタ/塩が練り込んであり、ゆで時間は約3分。手軽に美味しくを絵に書いたようなパスタ。

小豆島麺匠 甚助」のパスタを頂きました。

「小豆島 手延パスタ プレーン」

塩が練り込んであるので、茹でる時に塩の投入は不要。

そして茹で時間がなんと3分〜3分半!!

素麺なみの短さです。

小豆島麺匠・甚助・パスタ

日本人がパスタを作るとこうなるのか?と思ったのが

味は紛れもなくパスタなのですが、何故かさっぱりした食感。

稲庭うどんがパスタになったような感じです。

でもうどんでもなく、そうめんでもなく、やっぱりパスタ。

小豆島麺匠・甚助・パスタ

そんな訳で、濃厚なソース、

例えばカルボナーラやミートソースは、合わないような気がしました。

パスタの優しさが、ソースに負けちゃう感じがします。

醤油やバターくらいは使って、和風の味付けがいいかもしれないけど、

まずは麺自体を味わうのがいいなと思い、シンプルに食べてみることにしました。

茹でて、オリーブオイルで和え、パセリ、バジルをふって出来上がり。

小豆島麺匠・甚助・パスタ

なんだろう、

白いごはんに柴漬けのせて、お茶漬けみたいな。

シンプルだけどたまらなく美味しく、無限にいけそうな、飽きのこない味。

そんな一皿になったのでした。

実は同じ会社の素麺もいただいたので、これはまた食べた時にレポートを書くことにしましょう。

このパスタを使って、カチョエペペというパスタ料理を作ってみました。
カチョエペペ(cacio e pepe)/ローマの名物パスタ料理/簡単だけど、味わい深いひと皿を週末ランチに作ってみた。