ブログのご紹介

新生「週末は美術館へ」にようこそ!

美術館チケット

大学時代から美術館巡りをはじめて30年。

まだ美術館コンシェルジュという肩書もない頃に見た展覧会の感想や何か発信がしたいと思い始めたのが無料のブログサイトでの発信です。

2011年6月の最初の投稿から丸7年8ヶ月の年月が経ちこの度ブログを新しくしました。

タイトルはそのまま「週末は美術館へ」。

これは会社員である私が週末を含め、限られた休日にコツコツと美術館巡りを続けているため、「週末」に対して強い愛着があるからです。

この生まれたてのブログをこれから育てていく上でこんな想いを発信したいな、と考えていることを5つにまとめてみました。

マーク・アンドレス作「歪み」

・アート&ドライブ
車の運転の楽しさに目覚め、電車だと1泊しないと行けないような場所でも車だと日帰りで行けることに気づき始まった活動。郊外や地方の美術館に足を運ぶきっかけになり、日本にはたくさんの個性あふれる美術館があることを知り美術館巡りに拍車がかかる活動になりました。美術館+旅の要素が強い記事になりますね。

・美術館と街めぐり
前述の「アート&ドライブ」は車での旅という広域なのに対して都内や都心近郊のすぐに行けるような美術館巡りが対象になります。美術館に行くだけではなく、その街にある気になっているお店や施設に意識的に行くことで、街歩きの提案だけでなく、美術館と街との関係にも掘り下げていけるかなと思っています。

・箱(入れ物)としての美術館
「美術館って、美術品の展示をする以外に何をしているところなのだろう?」ある日ふと湧きでた疑問がきっかけで考え始めた箱(入れ物)や場としての美術館について。私にとって美術館はテーマパークのように楽しい場所であると同時に、美術館とは何なのか?という哲学的な問を持つ場所でもあります。この答えを出すために骨太な記事も書いていきたいです。

・素人鑑賞者を極める
展覧会を見るために美術館にいく来館者の8割が、美術の専門教育を受けない素人だと言われています。素人だからこそ、専門知識の枠にはまらない美術との関わりができるのではないか?そんな素人であるがゆえの可能性を拡げていくためにできることを探っていきたいと思います。

・美術とつながること
日常生活で美術につながること、美術館に居る時に思い出す日常のこと。私の頭の中では無関係に見えるものごとが、美術とつながることが多々あります。そんなつながりを書いていくことで、美術の鑑賞や美術館の使い方、美術と関わることについての役立つ提案ができるといいな、と思っています。

エマ・ドナルドソン

美術の専門教育を受けていない素人でありながら、特に強烈なきっかけがあるわけでもなく始まった美術館巡り。

30年という長きにわたり、私を惹きつける美術館の魅力をこれからも様々な角度から探究し、日常の出来事と共に発信していきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

こちらに貼り付けた絵画についての記事はコチラ