提出期限は年明け2020年1月10日。ワンストップ特例制度の申請書作成はお済みですか?

私のように忘れていた人、いざ書こうとしたらよく分からずにつまづいてしまった人に、この情報が届きますように!

提出期限は年明け2020年1月10日必着ですよ。

「お済みですか?」

などと上品に問うタイトルにしていますが、何を隠そう、年末で机の上のカオスエリア(書類が積み上がっている場所)をひっくり返していたら、申請書が出てきたので急いで作成した次第。

書類が送られてきたのは11月の下旬。

1ヶ月も放置していて、お恥ずかしい限りです。

もくじ

  • ふるさと納税は歌麿作品の購入資金
  • いざ、申請書を書きだし、つまづく。
  • 参考にしたお役立ちサイト

ふるさと納税は、歌麿作品の購入資金。

なせ申請書が届いたかというと、今年の3月に東京都町田市のふるさと納税に申し込んだからです。

町田市立国際版画美術館に歌麿を呼ぼう!」という、使いみちは歌麿の錦絵を購入するための資金。

返礼品はいくつか選べましたが、年間パスポートを頂きました。

来年3月までこちらの美術館に行き放題の、私にとっては嬉しい品です。

11月には新たに収蔵品となった歌麿の錦絵、「当世好物八景 はなし好」

喜多川歌麿「当世好物八景 はなし好」

を展覧会で見てきました。

購入資金のほんの一部でしょうけれど、貢献できてよかったです。

いざ、申請書を書きだし、つまづく。

郵送で提出書類は、3つだけ。

寄附金税額控除に係る申告特例申請書
マイナンバー確認の書類
本人確認の書類

マイナンバーや本人確認書類は、コピーして出来上がり。

申請書は私が頂いた町田市の場合、事前に分かっている住所や生年月日などは印刷してあったため、ハンコ押すだけかなと、書類に目を通していてつまづいたのが、申請書の2項目。

「2.申告の特例の適用に関する事項」

ここでチェックボックスが2つあるので、自分が該当するかどうかを確認するのです。

そもそも該当するから、この申請書が送られてきたんだよね。

と言う前提を持っていましたが、両方チェックするのか、一方だけなのかを確認する必要があります。

地方税法附則第7条とか、馴染みもない法律を持ち出され、困惑。

申請所の裏面に説明があるので読んだところ、私は8割方、両方チェックを入れる人だと分かったのですが、

どうも残りの2割のモヤモヤが残ります。

法律独特の言い回しが十分理解できないことに、モヤモヤしたのです。

ワンストップ特例制度

お役立ちサイト

そこで、ネットで調べてみることにしました。

私が参考にしたサイトはここ
ふるさと納税ガイド ふるさぽ

ワンストップ特例申請書の入手から書き方まで、親切に書いてあります。

モヤモヤしたていた

「で、地方税法附則第7条は何を言っているの?」も

私が理解できる、易しい日本語の言い回しで書かれていて、スッキリ分かりました。

ワンストップ特例制度

では、処理のほど、
よろしくお願い致します。