【津田沼ランチ】JR津田沼駅北口徒歩3分位/いつもと違うケンタッキー・フライド・チキン/KFC PlusCafe津田沼

お花のお稽古で縁ができた津田沼。

今回で3回目のランチレポートは、歩いていて違和感をもった
ケンタッキー・フライド・チキン。

見慣れた店舗とちょっと違うぞ。

もくじ

  • KFCの新形態の店舗
  • 「選べるチキンプレート」を食べてみた。
  • 凝っている内装
  • 店舗情報

KFCの新形態の店舗

こちらの店舗は、ケンタッキー・フライド・チキンの新形態の店舗。

「KFC PlusCafe津田沼」です。

首都圏に何店舗かあるようですが、ホームページでもこの形態に絞り込んで検索ができず、分かっている範囲ですと、武蔵小山、武蔵境、センター北などにある様子。

津田沼店の場合は通常のKFCメニューにプラスして、今回いただいたプレートメニューや、スイーツなど、PlusCafe用のメニューが用意してありました。

「選べるチキンプレート」を食べてみた。

選べるチキンプレート

  • 黒ごまのポタージュスープ
  • サラダ
  • 骨なしチキン
  • フライドポテト
  • 飲み物(ホットアッサムティー)
  • ホットビスケット(追加で別料金)

税込¥1,060

チキンはオリジナルチキンと選べますが、今回は食べやすさを考えて、骨なしチキンをチョイス。

小さく感じたのでオリジナルの方がお得感あるかもしれません。

実際は骨の部分もあるから、肉の量は同じなのかな(笑)。

黒ごまのポタージュは白ゴマも振りかけてあり、ゴマがしっかり味わえます。

サラダのドレッシングもゴマとおろしが選べました。

期間限定でSサイズの飲み物が付くのでホットアッサムティーを注文。

飲み物がついてくるのは嬉しいですね。

品数が多いので、全体として満足感はありますが、一つ一つ味が濃いのが気になります。

サラダはプチトマトかと思いきや、記憶が定かでありませんが、一部ドライトマトのオイル漬けのようなものがあり、トマトの味が濃厚なのは嬉しいものの、塩気もかなり感じます。

小さな角切りチーズもトッピングされているので、ポタージュやチキンの味の濃さとバランスを取るために、ドレッシングはなしで十分と判断。

こういうことも含めて、「選択肢」がいくつかあるのは、いいことですね。

このプレードだけですと、定食で言う「ごはん」がないので、ホットビスケットを追加注文。

量的には腹八分目の納まりのよりランチとなりました。

スイーツもPlusCafe用に特別なものがあるようで、ケースにあるドーナツが美味しそうでしたよ。

凝っている内装

2階へ上がると、床やテーブル、椅子など木を使ったナチュラルな雰囲気の空間が広がります。

パーテーションのガラスも模様の入ったガラスを交互に使ったり、

照明もカントリー調のアンティークを意識した傘や電球、

テーブルの足が猫足というのが、若干浮いてるように見えますが、落ち着く雰囲気です。

私が座った席は、革張り調のソファと木のテーブルの席。

適度に硬さのあるソファなので、食事をするときも身体の沈みが気にならない程度でした。

カウンターの席には電源もあり、WiFiもあるとのこと。

お茶をしながらゆったりできる場所の一つですね。

通常のメニューを頼んでも、この空間で食べられるというのもポイントだと思います。

お茶の時間も利用したいので、地元のKFCもこの形態に変わらないかな〜と期待。

KFC PlusCafe津田沼

店舗情報

店舗情報
FC PlusCafe津田沼
JR津田沼駅北口より徒歩3分
営業時間:10:00〜22:30(年末年始は変更の場合あり)

価格やセット内容は2019年12月現在です。

詳しくは店舗ホームページへどうぞ。

ホットアッサムティー