ホルンなのにチューバと名の付く楽器があった!/オーケストラの演奏を聴きに行き、演奏より気になってしまった楽器のこと。

美術が好きというと、何故かクラッシックも好きという認識がなされ「クラッシックも聴かれますよね」と演奏会のチケットを頂きました。

そこで初めて見る楽器に遭遇!

なぜ美術が好きだと、クラッシックも好きなことになるのだろう。

芸術つながりということでしょうが、大雑把すぎですよ(笑)。

芸術と言ってもいろいろジャンルがあるのだから。

でも私の場合は好きなので、大歓迎です。

もくじ

  • 開演前に指揮者が登場
  • ホルン奏者が持つ、あの楽器は何?
  • 検索ワード」が分からない
  • 検索で脱線して得たこと
  • トランペットなのにホルンという仲間もいる

開演前に指揮者が登場

この日は2部構成。

バルトーク・「ハンガリーの風景」とブルックナー・「交響曲第8番ハ短調」。

どちらも知らない曲でしたが、開演前に、指揮者の方がステージに出てきて、曲の説明をしてくださったのです。

本番ではビシッとタキシードを着用されるでしょうが、まだタイもジャケットもなし。

時間があるので、曲の説明でもしてみようかなと、楽屋からひょこっと出てきた感じです。

今日の選曲はあまりメジャーではなく、特にブルックナーは音楽愛好家の間でも不人気なのだそう。

そんなこともあり、指揮者の方による説明を設けたのかもしれませんね。

何はともあれ、ちょっと小太り、でもまだおじさんと呼ぶには若く見えた男性の、快活なお喋りは、とても好感が持て、初めて聴く曲に期待が増すのでした。

ホルン奏者が持つ、あの楽器は何?

第2部、ブルックナーの曲になると、になるといきなり人がどかっと増えて、何やら楽器も増えました。

特に手前のヴァイオリンとヴィオラ。

もう舞台からこぼれ落ちそうな位に、増えています。

1階席で見ていたので結構圧迫感があり。

と言いつつも、私は吹奏楽部でトランペットを吹いていた時期があるので、おのずと管楽器を注目する傾向があります。

トランペットが来た、トロンボーンも来た、チューバも来た、と目で追ううちに、ホルンの一行が舞台右手から登場。

そこで私の目が釘付け。

両手に楽器をもっている、しかも普通のホルン(フレンチホルン)ともう一つは何だ?

あの楽器はなんだ~!!!

「検索ワード」が分からない

さぁ、演奏が終わって帰り道。

あの楽器を調べなくては。

インタ―ネットで調べればすぐ分かるはずと思いきや、そもそも何も分からないものの「検索ワード」が、思いつかない。

まずは「ホルンの仲間」と入れてみるが、出てくるのはカタツムリのような、見慣れたフレンチホルンばかり。

これじゃないのよ。

これじゃ。

10回くらいでしょうか、結果が出るたびに可能性がある記事を開いてみては、新しいキーワードを入れ、拾っては新しいキーワードを入れと、繰り返していると、

でた!

これだ!

その名は「ワグナーチューバ」。

稀に登場する楽器で、ホルンの奏者が持ち替えて演奏する、と書いてある。

間違いない。

ホルンの人が持ってたからね。

形も見たのと同じ、合ってる。

実は途中で検索を諦めて、ちょっと絵にしてみるかと落書き。

イラスト_ワーグナーチューバ

この絵の写真とって、Facebookでこの楽器なんですか?と聞いたほうが早かったかな。

決してうまい絵でないのは分かっていますが、外観の特徴は、つかんでいるような気がしています。。。

検索で脱線して得たこと

実はワグナーチューバを調べるにあたり、何度か脱線したお陰で、サックス(サキソフォーン)について新しい知識を得られました。

サックスはベルギーの管楽器奏者、アドルフ・サックスがバス・クラリネットを改良中にできた楽器です。(Wikipediaより)

オーケストラで使われる楽器の中では、後発の楽器なので、使われないと思っていたのですが、オーケストラの編成にサックスが入る、クラッシックの楽曲があるのだそうです。

トランペットなのに、ホルンという仲間もいる。

それはフリューゲルホルンと呼ばれる楽器です。

名前はホルンですがトランペット奏者が担当します。

普通のトランペットよりも、ぷっくり太った感じ。

吹いたことはないのですが、トランペットの快活さよりも、ホルンの上品さを感じる音ですよ。

オーケストラの編成や使われる楽器、調べると基本とかアレンジとかが、色々とありそうですね。