【酔心】 画家 横山大観の主食と言われた日本酒 広島県三原市 山根本店

画家・横山大観の「主食」と言われた日本酒「酔心」(すいしん)。

このお酒の蔵元には、美術館があるのですが・・・

体調が悪い時でも酔心だけは飲めた、というエピソードがあるくらい、

大観の好みにガッチリハマった日本酒だったようです。

詳しい話はコチラから「横山画伯と酔心」

作られているのは、広島県三原市の酔心山根本店

近所のスーパーで見つけて飲んでみようと、お正月用に購入しました。

酔心

「辛口」とポップに書いてあったので、さっぱりしていていいかなと思ったのですが、

いざ飲んでみると、どちらかと言うと甘め。

一緒に飲んだ家族もやはり同じ感想でした。

私が購入したのは「純米吟醸 酔心稲穂

サイトにベストセラーと書いてあり、酔心の主力商品のようです。

分布図ではど真ん中に位置し、辛口というくくりではなかったので納得。

甘さはあるものの、軽くて飲みやすいお酒でした。

私が「甘さ」と感じていたのは、精米歩合60%という低めの数字から、お米の旨味が効いているのかな?

とも思いました。

大観が同じ酔心稲穂を好んでいたかは分かりませんが、

横山大観という画家に思いを馳せながら、美味しく頂きました。

大観は酒代とは別に、酔心を仕込んでくれることへの感謝でしょうか、

山根本店様へ毎年1枚ずつ絵を寄贈していました。

そこで「大観記念館」という美術館が、本社の敷地内にあるのです。

Webで調べると、3年毎の文化の日だけ開館するという、開かずの美術館な様相。

以前私が電話で確認したときには、しばらく開ける予定はありませんと言われたので、

3年毎の文化の日の開館も、本当かどうか分かりません。

もう、しょんぼりです。

開けてくれー!見せてくれー!

これが、今日一番言いたいことでした。

(お酒を買ったことで、ここに美術館があることも思い出しちゃいました・・・)

*記事中に挿入のポストカード写真は、寄贈の作品とは関連ありません。
横山大観「夏之不二」足立美術館所蔵です。