エリックサウス 東京 八重洲 カレー 店舗でのランチを心待ちにしつつ まずはレトルトのチキンカレーを食べてみました

東京駅八重洲地下街にある、南インドカレー専門店「エリックサウス」。

イトーヨーカドーでレトルトのチキンカレーを見つけたので、食べてみました。

もくじ

  • エリックサウス 南インド風チキンカレーのレトルトを食べる
  • 「辛さ」の表記はホットとスパイシーで表現して欲しい
  • 大充実のオンラインストア
  • 膨らむリアル店舗への期待

エリックサウス 南インド風チキンカレーのレトルトを食べる

八重洲地下街にあるお店は、お昼時に前を通るとたいてい人が並んでいる人気店です。

店舗で食べたことはないのですが、イトーヨーカドーでレトルトのチキンカレーを見つけたので、食べてみました。

お店のオンラインストアもあるのですが、購入したレトルト商品はS&Bから出ているもの。

味は同じなのでしょうか?

さて、準備をしましょう。

レトルトカレーを食べる時には、お湯で暖める派。

電子レンジは均等に熱が入らないので、お湯で温めるのが好みです。

箱に書いてある辛味順位が4。

最大5なので相当辛いのか?と心して一口目。

そんなに辛くはない。

それよりも、ものすごい種類と思われるスパイスの香りと味が、口から鼻に抜けていきます。

カルダモンでしょうか、

特に爽やかな味が強いですね。

レトルトにしては肉も大きめで、食感を残しながらも、柔らかめに煮込まれているのが素晴らしい。

二口、三口と、食が進みますが、

辛さよりもスパイシーさが、圧倒的に際立っています。

「辛さ」の表記はホットとスパイシーで表現して欲しい

辛味順位4なのに、あまり辛くなかったことについて、辛さの表現が気になりました。

「辛い」味の中には2つの要素があると思うのです。

それは、ホットとスパイシー。

ホットは唐辛子のように、食べると舌がヒリヒリして麻痺するような辛さ、

対してスパイシーは、辛い味とは限らず、

風味や旨味を持つハーブや香辛料の効いた味。

なんて定義はいかがでしょうか。

今回頂いたチキンカレーを表現するならば、

最大5に対して、ホットが3、スパイシーが5と、個人的な味覚では表現できます。

大充実のオンラインストア

もともとあったのか、時節柄充実させたのかは分かりませんが、

エリックサウスのオンラインストアは、メニューが大充実です。

単品のカレーから、ビリヤニやレモンライスなどのご飯、

チキンティッカなどのサイドメニューもあります。

単品でも購入できますが、お店お薦めのセットもかなり魅力的ですよ。

膨らむリアル店舗への期待

これならお店に行かなくてもいいかも、

と思いましたが、

いやいや、

レトルトでこれだけ美味しいのであれば、お店でできたてを食べたら如何なものか。

期待はますます膨らむばかりです。

しかも、店舗は八重洲地下街だけかと思いきや、

都内に数箇所、名古屋や大阪にもあることを知りました。

チェーン展開しているようなお店に見えないのですが、

それぞれのお店で、少しずつ違いがあるのかもしれません。

ますます注目のお店です。