【東京駅 八重洲ランチ】アーティゾン美術館 ミュージアムカフェ 陽射しが明るい空間で ラム肉のスコッチエッグランチ

展覧会を見る前に、腹ごしらえ。

アーティゾン美術館に併設のカフェで、ランチをいただきました。

もくじ

  • Aコース ラムスコッチエッグをいただきます
  • 店舗情報
  • ミュージアムカフェについて

Aコース ラムスコッチエッグをいただきます

メニュー(Aコース)

  • サワードゥ(パン)
  • ラムスコッチエッグ
  • プチデザート
  • 飲み物

写真でご紹介しましょう。

お水。ブドウとハーブが入っています。味はほんのり、葉っぱの青っぽい味がするような感じ。喉が乾いていたこともあり、美味しくいただきました。量がたっぷりなのと、常温なのが嬉しい。

パン。こちらはサワードゥという、少し酸味の強いパン。周りも香ばしくて美味しいです。パンについてくるのは、塩ホイップとオリーブオイル。甘くないホイップはパンに合いますね。

メインのラムスコッチエッグが到着。わぁ、なんて綺麗!でも、ちょっと小さい。。。足りるかな。と思いましたが、良い材料で作られたものは、量が少なくても満足感が得られるものだと実感。食後の物足りなさはまったくありませんでした。

上に帽子のように置いてあるのは、甘くないココアパウダーがかかった、ポテトチップスのようなもの。花びらやハーブ、黄色いのはフェンネルの花でしょうか。まずは目で楽しみます。

入刀。おおっ、半熟玉子!一体どんな温度管理をしたら肉にはしっかり火が通って、卵は半熟に揚るのだろう。
ラムは、力強いラムらしい味。巻かれている紫蘇の葉の爽やかさが、一段とラムの風味を引き立てます。ソースがまた凝っていて、ベリー系とクミンの効いたもの。ラムに負けない個性派ソースで、この一皿の満足度を上げる役割をしていますよ。

食後は飲み物とプチデザート。この日はアイスティーにしました。たっぷりサイズです。飲み物はコーヒーと紅茶以外に、ハーブティーなども選べます。デザートは「プチ」ながら、こちらも満足。冷たくないのですが、ほんのりチーズ味がする、アイスクリームのような粘性のあるベースに、ナッツなどが混ぜてあるもの。上には生の苺と飴細工がのせてあり、手の込んだデザートです。

お会計は、
税込¥1,980
(2021年1月現在)

ごちそうさまでした。

店舗情報

ミュージアムカフェ(アーティゾン美術館内)

東京都中央区京橋1-7-2
電話:090-5390-9946
営業時間:10:00〜18:00
(ランチは11:30〜14:00)
店休日:美術館の休日に準ずる

詳しいメニューはコチラをどうぞ。
美術館のチケットなしで、カフェのみの利用もできます。

ミュージアムカフェについて

美術館に入って、1階正面に位置するカフェ。

建物全体がガラス張りのため、明るい空間です。

天気がいい日のランチ時間は、席によっては眩しさが気になるかもしれません。

ランチメニューはA〜Cコースまでありますが、

私が訪問した2021年1月現在は、Aランチのみになっています。(Covid-19感染拡大防止策の一貫で、滞在時間を短縮するため)

それでもメインを選べるプリフィクスコースなので、どれを選ぶか迷うくらい。

周囲の方が食べているものを見ていると、どれも美しい盛り付けで美味しそう!

ベジタリアンやビーガン対応のメニューもありますよ。

カジュアルな雰囲気ですが、味は本格的。

週末のランチは混雑することもありますので、Web予約も活用しましょう。(Web予約のみ、電話での予約は不可)。

次回はカフェタイムにも行ってみたいですね。

■□■□■□■

アーティゾン美術館関連記事もいかがですか。

祝・開館/アーティゾン美術館(東京都中央区京橋)/オープン当日の様子をレポート

アーティゾン美術館 ただ今熟成中。プレオープンから美術館の成長を見守ろう。