東京ステーションギャラリーのトレニアートで 丸の内駅舎がデザインされたポーチを購入

東京駅の丸の内駅舎がデザインされたポーチを買いました。

とあるカードを入れる、入れ物を探していたのです。

もくじ

  • 気に入ったポーチはこうして見つけた
  • トレニアートとは
  • このポーチに決めたもう一つの理由
  • OSHO禅タロットカードを入れるポーチが欲しい

気に入ったポーチはこうして見つけた

東京ステーションギャラリーのミュージアムショップである

トレニアートで、気に入ったポーチが購入できました。


見つけられた理由は、

「普段からこのカードを入れるのに適したポーチに関して、アンテナを立てておくこと。」

です。

具体的には以下の3点

  • このカードにふさわしいポーチはどんなものか。
    大きさ、厚みなどサイズを把握しておく

  • ポーチでなくても、巾着袋やペンケースでの代用もできそうだと
    選択肢を広げておく。

  • 自分のセンスに合ったお店をいくつか把握しておいたり、
    事前に調べたりしておく。
    リアル店舗だけでなく、オンラインストアなどの活用も。

特に最後の項目については、私は普段からよく美術館へ行くので、
どこの美術館のショップだと好みのものがありそうだ、
と予想をつけやすいのです。

トレニアートとは

トレニアートとは、JR東日本商事が運営する鉄道グッズを製造販売するブランド。

直営店4店舗とオンラインストアがあります。

気をつけたいのは、

私が購入した東京ステーションギャラリーのミュージアムショップであるトレニアートは、

美術館の入館券を持った人しか入れないお店。

ですので、トレニアートの他店舗とオンラインショップもご紹介しておきましょう。

TOKYOグランスタ店(東京駅改札内)
鉄道博物館店(埼玉県さいたま市大宮区)
アトレ吉祥寺店(東京都武蔵野市)
オンラインストア
詳細はコチラ

個人的に嬉しい雑学的な知識として、

トレニアートはアルファベットで「TRAINIART」と書きますが、

前から読んでも後ろから読んでもトレニアートと読めます。

こうゆの「回文造語」っていうのだそうです。

このようなことも含め、ブランドコンセプトの詳細はコチラもどうぞ。

このポーチに決めたもう一つの理由

無事、気に入ったポーチが買えました。

形状や大きさという実用面で適切だった、ということ以外に

このポーチで良かったなと思っていることが、もう一つあります。

東京駅の駅舎という柄です。

東京駅は一日に列車発着本数が約3000本。

コロナ禍で運行本数や利用客は減っているとは言え、日々、多くの人たちが近隣、遠方問わず、目的地まで行くためのターミナル駅です。

かたや、このポーチに入れるOSHO禅タロットカードも、

思考を深めたり、広げたりするための道しるべになるようなカード。

ターミナル駅という、多くの人を目的地に送り出す場所がデザインされているとは、

カードを入れるのにふさわしいじゃないか!

と私なりのこだわりにも応えてくれるポーチとなりました。

OSHO禅タロットカードを入れるポーチが欲しい

OSHO禅タロットカードを入れるポーチを探していました。

持ち運ぶことは滅多にないのですが、

自宅に置いておく時も輪ゴムで縛って、そのまま置いておくことに違和感を持ったからです。

物にも居場所を作ってあげた方が、しっくり落ち着きます。

このカード、7.5cm☓11cmくらいの大きさが72枚、束ねると厚さ2.5cmになります。

厚みもでるため、マチの付いたものか、カードより少し大きめなポーチを探す必要がありました。