梅干し作りの副産物/梅シロップが完成間近です。

仕込んで1ヶ月弱、そろそろ完成間近です。

梅干し作りで選定したときに、傷のある梅が一定量出てしまいます。

こうした梅は、漬けている途中でカビが生えやすいので、梅干しには適さないそう。

梅シロップ

そこでその梅を使って、梅シロップを作りました。

氷砂糖で作るのが一般的のようで、教えていただいたのは甜菜糖を使う方法。

しかし我が家にあったのは、普通の白砂糖ときび砂糖。

どちらかというときび砂糖の方がいいだろうという勝手な判断で、きび砂糖で仕込みました。

梅と同量の砂糖を清潔な瓶に入れて、一ヶ月ほどおくと出来上がり。

昨年作った青ゆず酵素シロップのように、手をれてかき混ぜるとは言われていなかったので、

今回は消毒したスプーンや、瓶ごとくるくる回して混ぜていました。

梅に砂糖をしっかりつけておかないと、そこからカビが生えるそうなのです。

混ぜ終わったあとのスプーンでペロッと味見をすると、

結構濃厚な梅の香りと味が付いていて美味。

きび砂糖で仕込んだせいでしょう、ブランデーのようなシックな色合いもステキです。

梅シロップ

炭酸で割る以外にも、かき氷のシロップにしたり、プレーンヨーグルトにかけたりすると美味しそう。

そんなに量がないので、すぐ無くなってしまいそうですが、どうやって食べようか想像が膨らみますね〜。

炭酸水はすでに冷蔵庫でキンキンに冷やしてあるので、準備はバッチリ。

週末は気温が上がりそうなので、解禁したいと思います。

梅シロップの作り方は、白ごはん.comの作り方も参考にしました。

作るのが面倒〜、もう青梅が売ってないし〜。

という方は、市販品でも美味しそうなものがありますよ。

氷砂糖で作られた梅シロップです。

無添加・無着色。徳島県の美郷村で栽培の梅100%使用のシロップです。