東京オペラシティアートギャラリー(東京都新宿区)/白髪一雄展/静かな展示室で、躍動する線の流れを楽しむ。

東京では、意外なことに、初回顧展になります。

もくじ

  • 東京では初の回顧展
  • 行ってよかった2つの理由
  • 白髪ワールドの完成
  • 美術館情報

白髪一雄展

東京では初の回顧展

東京では初の回顧展となる白髪一雄(1924-2008)展

兵庫県尼崎市に生まれ、具体美術協会の中心的メンバーだったこともあり、地場は関西なのですね。

関東の美術館も横浜美術館、横須賀美術館、東京都現代美術館などに収蔵されています。

ですから作品を見たことがあるので、東京で初回顧展というのは意外でした。

白髪一雄展

行ってよかった2つの理由

初期の作品が見られたのが良かったのと、60点というまとまった数を見られたのが良かったですね。

私が思う白髪一雄作品は、足で描くフットペインティング。

初期はその影も見えない作風でしたので、画家の作風の変化をあらためて実感。

そして大型の作品が多いので、60点という数も見応え充分でした。

白髪一雄展

白髪ワールドの完成

日本画から油彩に展開し、失敗作の絵具をパレットナイフでこそぎ取る作業から、絵具の流動性を見出し、試行を重ね、白髭一雄と言えばコレ!のフットペインティングが生まれます。

キャンバスに絵具をまいて、足で伸ばしながら描くのです。

色の混ざり具合や、ドバドバ使っている絵具の量がとにかく迫力。

仏門に入った影響もあり、その教えの世界観を表すような作品もあります。

果たしてこれを、抽象と呼んでいいものなのか?

混ざる色、あっちこっちに広がったり、円のように完結する流れ。

静かな展示室で躍動する線の流れを楽しむ展覧会です。

白髪一雄展

美術館情報

東京オペラシティアートギャラリー
東京都新宿区西新宿3-20-2
開館時間:11:00〜19:00
(金土は20:00まで/入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
白髪一雄展は2020/3/22(日)まで開催です。

白髪一雄展