渋谷Bunkamuraザ・ミュージアム/「みんなのミュシャ ミュシャから漫画へー線の魔術」/【展覧会所感】何が「みんな」のミュシャなのか。

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催の「みんなのミュシャ」展

東京では、明日9/24(日)までですが、その後5カ所の巡回情報も末尾に書きました。

機会がありましたら、美術館に足を運んでくださいね。

今回は感想と展覧会タイトルからの問い、何が「みんなの」ミュシャなのかを考えてみました。

展覧会は、下記5章で構成されています。

1.ミュシャ様式へのインスピレーション
2.ミュシャの手法と
コミュニケーションの美学
4.ミュシャ様式の言語
5.よみがえるアール・ヌーヴォーと
カウンターカルチャー
6.マンガの新たな流れと美の探究

みんなのミュシャ展_Bunkamuraザ・ミュージアム

私の感想

ミュシャが何から影響を受けて、様式を確立していき、どんなところに影響を与えたかの流れが分かる展覧会。

ミュシャの展覧会は過去に何度か行っていますが、あらためて気づいたことが2点ありました。

ひとつ目は、ミュシャの代表であるポスター作品について、20代と30代とで色合いが変化していること。

20代は淡く明るい色合いが多く、30代は輪郭線が出てきて、色もくっきり鮮やかなこと。

ふたつ目は、アールヌーボーの流れを汲む曲線の多用。

女性の長い髪や、柔らかさを感じる着衣の動きに活かされていて、ダイナミックな構図になっていることです。

何が「みんなの」ミュシャなのか

第五章に出品している漫画家の方の言葉で「コマーシャリズム、絵画的、装飾性、このすべてを兼ね備えているのはミュシャだけだ」というような一文がありました。

これぞメインタイトルの「みんなのミュシャ」を表していると思ったのです。

漫画家やイラストレーターなどの職業人から一般素人まで、

いいな、真似したいな、取り入れたいなと思い、

技法だけでなく、エッセンスも同時に真似することができた再現性の高さと、

コマーシャリズム、絵画的、装飾性という多様性が「みんなの」ものになったのではないでしょうか。

同時に、多くの人が真似したくなる共通の感覚が含まれていた。

それを表現できた才能も、ミュシャの素晴らしさの一つだということに気づいたのでした。

今後の巡回予定

下記5カ所に巡回します。

京都文化博物館
札幌芸樹の森美術館
名古屋市美術館
静岡県立美術館
松本市美術館

詳細はコチラをどうぞ

ミュシャ展_チケット