しおりの2枚使いで 読書の満足度を上げる

本を読むときに、しおりを2つ使います。

読み始めのページに1つ挟んでおいて、
読み終わったページに1つ挟む。

どのくらい読めたかがひと目で分かり
「今日はこんなに本が読めた!」と
満足度が上がるのです。

しおりの2枚使いで読書の満足度を上げる

読み始めのページに1つ挟んでおいて、
読み終わったページに1つ挟む。

しおりの2枚使いをすることで
次に読む時に、

「前回は60ページも読めたんだ!」とか

「2ページしか読めなかったのか・・・」
とか振り返りをします。

続ける習慣 古川武士著

写真の本は221ページ。
ワークシートや図解もあるので

読むのが早い方が集中して読めば
数時間で読了するボリュームだと思います。

私の読書は、スキマ時間を使うのと、
読むスピードが遅いため

絵本以外の文字が主体の本は
一気に読み終えることはなく
数日かけて読みます。

そのため、「しおり」を使う
習慣があるのです。

しおりの棚卸しをしてみた

机の中に入っているしおりを並べると
いろいろな種類がありました。

栞

美術館でもらった物や
プレゼントされたもの、

ユニクロのTシャツについていた
タグを使った自作のもの。

素材も、紙・プラスチック・金属と
さまざま。

やっぱり使いやすいのは、
薄めの紙製ですね。

今使っているしおりは、
向かって左が、ユニクロTシャツの
タグを使った自作のもの。

栞

向かって右が、映画「土を喰らう十二ヶ月」を
観に行った時にもらったものです。

そして、読んでいる本はこちら。

続ける習慣 古川武士著

習慣の力で人生を豊かにすることを提唱されている
古川武士さんの著書です。

しおりの2枚使い、小さなことですが
面白そうだなと思ったら、試してみてください。

SNSはじめました!

ブログだけでなくSNSもはじめました。
フォローしてくれるとうれしいです!