2020年2月の振返り

もう3月も半ばですが、2月の振り返り。

コロナウィルスの感染拡大防止策で始まりました、都心部を中心にした美術館・博物館の臨時休館。

今週末で一旦終わるところ、延期するところがあり、まだまだ平常開館とはいかないようです。

見た展覧会 8展

  • 山種美術館「上村松園と美人画の世界」
  • 根津美術館「対で見る絵画」
  • 東京国立博物館・平成館「出雲と大和」
  • 東京国立博物館・アジア館「人神自然」
  • そごう美術館「ロベール・ドアノー展」
  • Bunkamuraザ・ミュージアム「永遠のソール・ライター」
  • 東京オペラシティアートギャラリー「白髪一雄展」
  • 府中市美術館「青木野枝展」

初訪問の美術館

月に一つは、新規訪問の美術館に行くのを目標にしています。
今月は一つ。

東京国立博物館

東京国立博物館(通称トーハク)はいくつかの館があり、東洋館は初訪問。

ちょうど興味のある展覧会を開催していたので行ってきました。

2階の企画展と1階の常設展の一部を鑑賞。

エジプトから西アジア・東南アジア・東アジアと、アジアと呼ばれる広範囲の美術品を収蔵しています。

東洋館だけでも地下1階、地上5階の6フロアもあることに驚き、ここだけで1日終わっちゃうよ!

とあらためて、トーハクの規模の大きさに圧倒されました。

ちなみにトーハクは以下の7つの館の集合体になりますよ。

本館
東京国立博物館

平成館
東京国立博物館

表慶館
東京国立博物館

東洋館
東京国立博物館

黒田清輝記念館
法隆寺宝物館
資料館

※東京国立博物館は2020.3.14日現在、新型コロナウィルス感染拡大防止策により、臨時休館中です。

東京国立博物館

ブログ投稿数 

18記事

1月より1記事多く投稿。(嬉)
亀の歩みですが、がんばろう。

1月の反省点、行った展覧会や美術館についての記事が少ないことを意識して、この関連で5記事書けました。

2月に読まれたTOP3記事

自分でなんとなく気になっていること

東京国立博物館にて開催の「出雲と大和」、行ってよかった2つの理由

北海道・倶知安(くっちゃん)/「お菓子のふじい」からのサプライズ

■□■□■□

3月半ばを過ぎで、臨時休館を延期する施設、開館する施設と対応が個別になってきたように思います。

こんな時は都市部を離れて、ちょっと遠出しようかと、下旬に集中して美術館巡りをもくろみ中。

桜のつぼみも膨らんできましたが、本格的な春の訪れをともに、コロナさんにもそろそろ退散していただきたいなあ。

3月も楽しくしっかりいこう。