お年玉袋 3ステップで簡単 楽しい お年玉袋作り

毎年両親へのお年玉袋を、手作りしています。

ちょこっとした作業なのですが、楽しいんですよね〜。

今年はスタンプとシールを使って簡単・楽しく作りました。

もくじ

  • 材料
  • 作り方
  • アレンジのポイント

材料

  • 市販の封筒(柄入り・白無地・色無地・クラフト紙などお好みで)
  • 丸いシール(金・赤 大きさを変えて)
  • 干支のスタンプとスタンプ用インク

作り方

1.市販の封筒の表に、干支のスタンプを押す

2.スタンプの周囲をシールで飾り付け

3.お金を入れて、シールで飾りながら封をする

アレンジのポイント

  • 市販の封筒の表に、干支のスタンプを押す

スタンプを押す位置を考えてみましょう。右寄り、左寄り、真ん中や上の方、下の方にもできますね。スタンプを斜めに押すのもありです。

  • スタンプの周囲をシールで飾り付け

大小のシールを組み合わせて、貼り付けましょう。スタンプを囲んでもよし、流れる線のようにしてもよし。全体に散りばめるのもいいですよ。

  • お金を入れて、シールで飾りながら封をする

飾ることだけでなく、すぐに開いてしまわないように、「シールで封をする」という実用面を考えるのもポイントです。

■□■□■

実は今回使った材料のスタンプとシールは、年賀状で使うために購入したもの。その流用になります。

ですから、シールの色に合わせて封筒を選びました。

お年玉袋はそんなに大量に作るものではないと思うので、余ったマスキングテープやリボン、ボタンなどの手芸用品など、身近なもので装飾できます。

購入する前に、身の回りで使えそうなものを、探してみるのもポイントです。

■□■□■

簡単 楽しい年賀状作りはコチラ

2021年賀状 ポストカードを年賀状に 手軽にオリジナル感が出せて 手作りの楽しさも味わえる