熱海市内名所めぐり 湯〜遊〜バス フリーきっぷ(1日乗車券)は買うべきか否かを考えてみた

日帰り熱海旅にでかけました。

MOA美術館に行くことが第一目的で、あとはこんなところどう?という感じのゆるい計画。

まずは、熱海市内の観光に便利な、東海バスの1日乗車券「湯〜遊〜バス」を買うことにしました。

アイキャッチ画像は、JR熱海駅改札を出て外にでると、真上にある「花の郷」(平松礼二作)。

もくじ

  • 行こうと予定していた場所
  • 1日乗車券は買うべきか否か
  • 1日乗車券の購入場所と詳細
  • 計画を立てるときのポイント

行こうと予定していた場所

行こうとしていたのは以下のところ。

なんて思っていました。

が、終わってみればMOA美術館の企画展が面白すぎて、ここだけで1日が終わってしまい、

購入したバスの1日乗車券の元はとれず。

(1日乗車券大人¥700円に対して、使ったのは熱海駅⇔MOA美術館往復¥340)

地元にちょっぴり貢献できたかもしれないね、ということで丸く収めます。

1日乗車券は買うべきか否か

そこで考えてみたのが、一見便利でお得に見えるこの1日乗車券。

買うべきか否かを考えてみました。

結論は、余裕を持ち、欲張りすぎない計画を立てれば、元はとれるかギリギリの線ですが、やっぱり買ったほうがいい。

となります。

理由は2つ。

  • 熱海市内を走る東海バスは、PASMO、Suica等、交通系ICカードが使えません。乗り降りの度に現金を用意するのは手間ですね。

  • 熱海市内は坂道が多く、道幅も狭いので、徒歩移動だけよりも、バスも組み合わせた方が、がラクだと思うので。

では早速購入してみましょう。

1日乗車券の購入場所と詳細

購入場所はJR熱海駅の改札を出て、左斜め方向にあります、熱海第一ビル1階の東海バス熱海駅前案内所で購入できます。

大人¥700
小人(小学生以下)¥350
(2020年9月現在)

その他の発売所はこちら

割引施設などの詳細はこちら

計画を立てるときのポイント

気をつけたいのは、計画をどう立てるか。

東海バスのホームページにはモデルコースがいくつかありますが、この通りはキツいと思います。

途中食事やお茶の時間。私達のように、行ったら面白くて長居してしまったなど、

とかく旅は計画通りにいかないもの。

紹介されているモデルコースの半分くらいに余裕を持ったほうが、楽しめるような気がします。

バスに乗らなくても徒歩で行き来できる施設もあるので、そのあたりの組み合わせもポイントですね。

私の経験から、以下の2施設へ行くときのアドバイスです。

  • アカオハーブ&ローズガーデンは、市内から少し離れたところにあります。熱海駅からですと30分くらいはみておいたほうが無難で、週末の国道135号線の混雑具合にも左右されます。

  • MOA美術館はとても広い美術館です。こちらでランチを考えている場合は、少なくとも半日の時間を確保しておくと良いかと思います。

せっかくの1日乗車券。

次回使う機会がある時には、もう少し計画しようと思います。