長谷川潔1891-1980展 町田市立国際版画美術館 洋風だけれど和のテイストを感じる竹取物語の挿絵が心に残る

会期は2022/7/16(土)〜2022/9/25(日)まで。

ルドンに憧れ、パリに渡り、終生フランスで活動していた
版画家・長谷川潔(1891-1980年)の展覧会。

初期から晩年までの作品が見られます。

もくじ

  • 洋風だけれど和のテイストを感じる竹取物語の挿絵が心に残る
  • 美術館情報

長谷川潔_町田市立国際版画美術館

洋風だけれど和のテイストを感じる竹取物語の挿絵が心に残る

今展で興味を持ったのは
フランス語訳の
竹取物語の挿絵。

洋風だけれど
和のテイストを感じる
シンプルで、品のある作品です。

長谷川潔_町田市立国際版画美術館

銅版画という西洋発の版画技法で
日本の昔話を表現する、

そんなところが「洋風だけれど、和のテイスト」に
繋がるのかなと、思っています。

長谷川潔_町田市立国際版画美術館

ルドンに憧れ、
パリへ渡り

終生フランスで
活動していた作家。

長谷川潔_町田市立国際版画美術館

活動の全貌とあわせて
ドライポイントの爽やかさと
メゾチントの黒の闇など、

版画の技法による
見え方の違いや、

技法の使い分けの魅力が
分かるのも、面白い展覧会です。

長谷川潔_町田市立国際版画美術館

美術館情報

町田市立国際版画美術館

東京都町田市原町田4-28-1
開館時間:平日10:00〜17:00
     土日祝日:10:00〜17:30
休館日:月曜日(祝日・休日の場合はその翌平日)
    12/28〜1/4

長谷川潔(1891-1980)展は2022/9/25(日)まで開催です。

SNSはじめました!

ブログだけでなくSNSもはじめました。
フォローしてくれるとうれしいです!