桜を見ながら思うこと、花が咲くことで存在を認識できる。

桜が満開。
風があるので今日は近所の桜も花吹雪。
川面には花いかだもできています。

今年は満開まで1週間くらい、じっくり見られましたね。

この時期いつも思うのは、桜の木ってそこらじゅうに植えられているということ。

花が咲く時期にあると「あ!あそこに桜の木があったんだ」と気づくことが多々あります。

白い桜

桜といっても種類はいろいろ。ほとんどが淡いピンクのソメイヨシノですが、その中でも白っぽいもの、ピンクが濃いものがありますね。

完全に種類の違う真っ白の桜もあるし、葉が出かかっている木もあり。

花が咲くことで存在を認識できる。

人も自分らしく花を咲かせた時に存在感を放ち、輝くのだろうな。

散りゆく桜を見ながら思う、週末の午后。

桜吹雪と花いかだ