びじゅチューン一気に4本視聴やOSHO禅タロット講座 食欲の秋を満たすメニューも堪能できた10月のとある週末【日記記事】

10月のとある週末の日記記事。

もくじ

  • びじゅチューン一気に視聴会
  • OSHO禅タロット講座
  • 食欲の秋を満たすメニュー

びじゅチューン一気に視聴会

9月に熱海にあるMOA美術館でみた展覧会

「井上涼展 炎のあつあつびじゅチューン」で興味を持った「びじゅチューン」。

一緒に行ったメンバーでDVD視聴会をやろうと集まりました。

現在小学館より1〜5巻まで販売されているうちの1〜4巻までを一気に視聴。

1巻100分くらいのDVDなのでかなりの時間でしたが、

見終わったあとは、達成感とやはり井上涼さんスゴイ、とその才能に脱帽でした。

YouTubeにもかなりアップされていますよ。

今回特に大笑いだったのはコレ、「ナルキッソス天気予報」(1:37)

ベースになっているのは、イタリア人画家・カラヴァッジョ作「ナルキッソス」。

「ナルシスト」の語源にもなった、ギリシャ神話に登場する美少年を書いた作品です。

これを見て井上さんが感じたこと、思ったことと共に、作品の解説やその他もろもろの要素が入り込み、独特の世界が、歌と映像で展開されています。

OSHO禅タロット講座

偶然ですが、こちらの話も発端は9月。

4日間のOSHO禅タロット講座があったのですが、話が多岐にわたり盛り上がってしまい、4日間で終わらなかったのです!

講師の方のご厚意で、補講として1日追加で講座をしていただきました。

全部で79枚のカードの一枚一枚を説明いただき、講師の方の体験も含めたカードの解釈を実質5日かけて学びました。

占いではなく、自分の潜在意識にアクセスして、それを顕在化していくためのツール、と私はとらえています。

強いて言えばツールですが、この言葉もちょっとしっくりこないですねぇ。

私は、自己探求や方向性を確認するときなどに、活用したいと思っています。

講師の佐倉亜希子さん、YouTubeチャンネルをお持ちです。

一番最近アップされた内容が「真実の多様性に心をひらく」。

一言で言うと、真実は人の数だけあるってこと。

講座の中でも話があったのですが、これを聞いていて、

真実と真理と本質という3つのことが、自分の中でごっちゃになってるな、

ということに気づきました。

で、おのおのの定義は、まだ分かってないのですけどね。。。

食欲の秋を満たすメニュー

食欲の秋にふさわしく、美味しいものに縁のある週末でもありました。

びじゅチューン視聴会の後のごはんで、特筆すべきは「肝3種」。

お通しのあん肝。ちょっと醤油の効いたポン酢でいただきます。添えてあるわかめも美味しかったな。

栃尾揚げメインな写真ですが、奥に写っているうなぎの肝。初めて食べました。わさびをのせて食べたら非常に美味♪すこしわさび多めの方が美味しさが引き立ちます。

白子!真っ白でまったりクリーミー。味付けや添えものは、お通しのあん肝と同じ。清潔感のある盛り付けにも好感をもちました。

OSHO禅タロット講座のランチは、スペイン料理のお店で。

場所は浅草橋で、この界隈は美味しいお店が多いんですよ!

太めのパスタのプッタネスカ。ケーパーがしっかり効いていて、美味しいです。

牛ほほ肉の赤ワイン煮。ボリュームあったなぁ。お肉もホロホロと口の中でとろけます。添えが白菜と長芋というのが変わっていて面白い。

自宅では、大きめの栗が手に入ったので栗ご飯つくり。

白ごはん.comで栗の剥き方と栗ご飯の作り方をチェック。

今まで栗を剥くのが手間で嫌だったのですが、お湯につけてから、お尻の部分を切り落として剥くと、驚くほど簡単で嬉しい♪

もう一度栗ご飯を作る予定です。