ヨガマットの選び方 ストレッチマットとして使う私の場合

ランニング後のストレッチ用に、ヨガマットを買いました。私が選ぶときに優先したことなどご紹介します。

もくじ

  • ストレッチ用にヨガマットを探す
  • ヨガマットの選び方
  • ホームセンターで無事ゲット
  • 使用した感想
  • 商品紹介

ストレッチ用にヨガマットを探す

3月からランニングを初めて、だんだん汗をかく季節になってから、自室の絨毯の上で直にストレッチをするのが気になってきました。

自室には毛足の短い絨毯が敷いてあるので、汗をかかない季節なら、そのくらいのクッションでも十分。

とりあえず、絨毯に汗がたれて汚れるのを防ぎたかったのです。

大判のバスタオルなどを敷くのも考えましたが、汗で湿ったバスタオルが絨毯につきますし。

ジムに行っていたときには、ストレッチマットのようなものが敷いてあるスペースがありましたが、くるくる巻いたり、たためないマットでしたので本格的すぎます。

使い心地が試せる訳ではないので、まずはWebでチェック。

東京ヨガウェア」というサイトに選び方から商品まで、詳しく載っていたので参考にしました。

ヨガマットの選び方

サイトを見ていて分かったのは、以下の4点。

  • ヨガマットには厚さがいろいろある(1mm〜15㎜くらいまで)
  • 自宅用と持ち運び用のものがある
  • ヨガのレベルによって使い分ける
  • 素敵なデザインだが、¥10,000前後と値段が高い

さて、ストレッチマットとして使う私は、どうしましょう?

私がするストレッチは、運動後に行うクールダウン用のもの。

静かな動きしかありません。

ほとんど座って行うものなので、自室の絨毯の厚み(5mm)でも十分です。

そこで購入にあたり、条件を以下3点に絞りました。

  • 厚みはそれほどなくてもいい
  • 予算のベストは¥3,000以内
  • 色に違和感がないこと

厚みについては、前述のとおり。

自室の絨毯の上に敷くので、薄くてもいいと判断しました。

予算については、1万円前後は高すぎるなぁという印象。

サイトに載っているのは、たしかに色も綺麗ですし、柄が入ったもの、畳らしきマットなど素敵なデザインのマットです。

多分ブランドのものと思われ、材質など考えれば、値段相応のものかもしれませんが、私にはそこまで必要ないと判断します。

サイズの規格については、既製の規格があるようで、だいたい長さも幅も同じものが多いので、気にしなくてよさそうです。

ホームセンターで無事ゲット

ではどこで買えばいいのだろう?

メーカーサイトやAmazonで買ってしまうのが早いのですが、実物を見たい気分です。

スポーツ専門店やアウトドア用品店などにもありそうだし、

あれこれ考えているうちに、ホームセンターはどうだろう?と思い、まずは手近なところに行ってみました。

品揃えは選ぶほどありませんが、フィットネスコーナーのような雰囲気の売り場があり、そこにありました。

くるくると巻いてあるタイプとたたむタイプ。

条件に合うヨガマットが、ありました!!

金額は¥1,800(税込)近くで予算内です。

売り場で一番薄いのが4㎜でしたので、これでOK。

色も明るい紫系の色で、特に違和感はありません。

使用した感想

思っていたよりもとてもいい!

汗の時期でなくても使うべきだと思います。

絨毯に汗が落ちるのを、気にしなくてよくなったのはもちろん、

良かった一番の理由は、体が固定して、ストレッチがやりやすくなったことです。

絨毯の上だと、いくらか滑っていたのでしょう。

安定感をもってストレッチができます。

そしておまけの使いみちは、昼寝の時にマット代わりに使うこと。

この時は必要に応じてバスタオルなどを敷くと、より良い感じです。

私が購入したのは折りたたむタイプなので、折って座布団代わりにしてみたり、

折りたたんで大きさを調節できるので、キャンプをする方なら寝るときのマット代わりにもなるのではないでしょうか。

みなさんの生活の中でも、意外な活用法もあるかもしれませんね。

1点、私のイケてないところが、広げたマットを、元のようにたためなくなったことです。

買ってきてパッケージを開けた時の状態。

広げて自分でたたんだ状態

現状復帰ができず、これだけが悲しい。

商品紹介

私が購入した商品の仕様
名称:La-VIE SuperGrip! たためるヨガマット
サイズ:幅61cm☓長さ173cm
色:パープル
厚さ:4㎜
色展開や詳細はメーカーサイトをご覧ください。

Amazonでは、厚さ4㎜で巻くタイプ・ベルト付が、メーカーサイトより安く提供されています。宜しければご参照下さい。(2020.8.17現在)