銀座千疋屋のフルーツサンド/お菓子になっても美味しいフルーツは、さすが千疋屋さん。

お礼を贈りに行ったついで、送った品の味見をしようという名目で自宅用にも配送してもらった、銀座千疋屋のフルーツサンド。

上品な甘さ、香ばしいクッキー、そしてお菓子になっても美味しいフルーツに、さすが千疋屋さんだと感じました。

銀座千疋屋フルーツサンド

青緑でしょうか。

きれいな青色に、バラの模様の包装紙。レトロなワンピースの生地のような柄ですね。

銀座千疋屋フルーツサンド

包装紙を開けると、水彩画タッチのフルーツが描かれた箱が登場。

イチゴの種が描かれていないのが個人的には気になります。(←細かい!)

銀座千疋屋フルーツサンド

箱に描かれているとおり、味は3種類。

マスカット&レーズン・イチゴ・ゆず、です。

銀座千疋屋フルーツサンド

サクッとしたクッキーのため、袋を開ける時に割れやすい。

香ばしく口どけの良いクッキーです。

口どけよく感じるのは、クリームが挟んであるので、少ししっとりしているせいもあるのかな。

銀座千疋屋フルーツサンド

えーと、こちらは多分マスカット&レーズンの断面。

レーズンサンドは数あれど、マスカットが挟んであるのは珍しいのではないでしょうか。

両方ともセミドライな感じで、マスカットはさわやかな甘味が美味しい♪

イチゴはもう少しドライ感が強いですが、イチゴの味、干した果物に特有の強い甘みがしっかりでています。

ゆずはセミドライの角切りが、クリームに混ぜ込んである感じ。

3種類の中で一番さっぱりした甘さです。

クリームが挟んであるので、夏や冷やして召し上がれ。

百貨店のお中元カウンターで購入したため、Amazonや通常の店舗で購入した場合、同じ包装でない可能性があります。