岩手県筑紫町産の小麦「ゆきちから」で作った全粒粉100%食パンの朝。

月イチで注文しているパンが届き朝食に。

焼いて食べたり、はちみつも合うけれど、まずはそのまま食べます。

まずは、と言っておいて結局そのままが美味しいので、最後まで「そのまま」笑。

完全無農薬で作られた小麦「ゆきちから」の全粒粉と、レーズンで作る自家製酵母で作られるパンは、なぜか和風のおかずによく合います。

はるゆたか全粒粉食パン

この日はめざしをおかずにしてみましたところ、これもOK。

めざしの魚臭くもある強い風味と味が、全粒粉の強さにマッチしてなかなか美味しいのです。

完全にご飯代わりになるパンです。

季節限定のあんぱん

こちらは甘酒酵母で作られるパン。

まずは自家製米から甘酒を作り、そこから甘酒酵母を作るという手間のかかった一品。

甘酒酵母のあんぱん

小豆のつぶつぶが程よく残るあんも、
見た目よりぎっしり入っています。

甘酒の風味と香りがあんに合っていて、おいしい。

レンジで温めかトースターで焼くのを薦めていましたが、まずは「そのまま」で頂きました。

お店は岩手県花巻市にありますパン屋√S(ルーツ)

ネット販売もしていますので、食べてみてくださいね。