【六本木ランチ】不室屋カフェ サントリー美術館併設のカフェ 九谷焼の小皿とともに加賀麩のフルコースを気軽に楽しもう

サントリー美術館のリニューアルとともに、カフェのメニューも少し変わった気がします。

加賀麩を様々なメニューで味わえる「加賀麩とりどり膳」をランチにいただきました。

もくじ

  • 不室屋カフェとは
  • 「加賀麩とりどり膳」をいただきました!
  • 店舗情報

不室屋カフェとは

1865年、現在の石川県金沢市尾張町で創業した加賀麩「不室屋」が経営するカフェです。

サントリー美術館に併設のカフェは、不室屋カフェ東京として2007年に開業。

物販のみの店舗は金沢市を中心に都市部に展開していますが、

カフェは金沢、富山と東京のみ。

不室屋さんの加賀麩を食べられる貴重なカフェですよ。

サントリー美術館に併設のカフェでも、レジ脇に少し物販がありまして、ランチでも食べられる、お湯を注ぐだけのお味噌汁やお吸い物を買うことができます。

美術館限定の包装もありますので、お土産や贈り物にもいいですね。

「加賀麩とりどり膳」をいただきました!

加賀麩とりどり膳メニュー
(写真向かって左上から)

  • お麩のカツ
  • お麩と小松菜・えのき茸の炒め煮?
  • しぐれ煮とキャベツの塩もみ
  • 刺し身生麩
  • お麩田楽
  • 生麩饅頭
  • 雑穀入りごはん
  • お味噌汁(お吸い物に変更可)
  • 治部煮

税抜¥2,090(2020年8月現在)

一品ずつ、見てみましょう。

お麩のカツ。揚げ物なので、この中では一番コクがある一品です。

お麩と小松菜・えのき茸の炒め煮?。家で作れそうな一品。こうやってお麩を使うといいんだね、と参考になります。

しぐれ煮とキャベツの塩もみ。牛肉の代わりにお麩になっても、ちゃんと美味しい!

刺し身生麩。生麩のもっちり感が堪能できるシンプルな一品。

お麩田楽。カツにつづいて、コクのある一品。素揚げしたお麩に甘めのお味噌です。

生麩饅頭。以前のセットには無かったので、デザートとして嬉しい追加です。つるんとしたお麩ののどごし、さっぱりした餡が、夏には特に美味しく感じられます。

雑穀入りごはん。量は少なめですが、丁度いい。意外にお麩のおかず達はボリュームがあるのです。

お味噌汁(お吸い物に変更可)。具だくさん!

治部煮。加賀料理の代表的な一品。鶏肉が入ってますよ。とろみのついた餡も絡めていただきます。

食べ終わると見られるお皿の柄。色とりどりで綺麗ですね。

店舗情報

不室屋カフェ
サントリー美術館併設(東京ミッドタウンガレリア3階)
営業時間:11:00〜18:00(金土は20:00まで)

詳しいメニューはコチラをどうぞ。

カフェだけの利用もできますので、東京ミッドタウンにお越しの際は、ランチやお茶にオススメですよ。

オンラインストアでのお買い物はコチラから。